お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

築地の寿司ランチの決定版【エッセイ】

寿司は北海道か日本海側の街、あるいは静岡で食べると決めている。札幌には行きつけのお店があり、年に一度は足を運び「定点観測」している。

 

都内ではあまり食べない。銀座に馴染みのお店があったが、数年前に閉店してしまった。その後、東銀座に一軒見つけたが、その後行ってない。そんな状況で自分の中で急浮上してきたのが、築地のこちら。

tabelog.com

 

初めて行ってきたのだが、はっきり言って「完璧」だった。まず、その佇まい。まだまだ昭和が残っている。映画監督が昭和の街並みを探してくれと指示を出したら、スタッフはこういうところを「どうでしょう?」とプレゼンすると思う。そんな雰囲気。

 

カウンターはたった5席。ものすごく入りにくいが、それが逆に良い。先客は地方在住っぽいカップルが2名。端に一人で陣取り、早速、注文。入る前から決めてあった。にぎりの1,5人前。

 

コロナ対策の為、ビニールシートで仕切られているが、観察は欠かせない。事前情報では年配の大将がいるはずだが、この日は若い人が。息子さんか?スリムクラブの内間に似てる。お茶とおしぼりを出してくれたのがその奥さんか。もう一人いるのが、先代の奥さんだと推測される。

 

カウンターの前に寿司を握る作業場があり、その奥にテーブルがある。ここからはよく見えないが、二名以上や常連っぽい客はそちらに行くようだ。あっちはあっちで楽しそう。持ち帰りを取りに来た常連に、女将さん自ら冷蔵バッグみたいなのを渡し「いつでも好きな時に返して」と言っている。良いな、こういうの。

 

あれこれ観察していたら、1,5人前が到着。ここは寿司のネタが大きいので迫力がある。全部で12貫。皿一杯に並べられた圧巻の光景。隣のカップルの女子が思いっきり見てくる。待ち受けにしたいくらいだ。しないけど。写真とか絶対に撮らない派だけど。

 

まずはトロから。うん、美味い。これは凄い。さすが築地の老舗。このトロは本当に美味い。12貫もあるからといって、油断してはいけない。どんどん食べ進める。途中でお味噌汁を。あおさが入っている優しい味わい。好き。この味。卵焼きが甘い。これはこれで単独かと思ったら、中にシャリが入っている。思わぬサプライズ。

 

さっと食べてパッと出ていくのが江戸っ子ってもんよ。と、三重で生まれた男が心の中でつぶやく。12貫一本勝負は、ものの10分くらいで完食。隣のダラダラしている田舎もんとは違い、さっさと出ていくことに。

 

これだけの大ネタが12貫もあって1,700円也。安い。安すぎる。築地の観光客向けのお店は、ランチでも3,000円〜5,000円ほどするお店が多く、客も客でそんなもんだと思い込んでいるが。地元の人は決してそんなところでは食べない。きっとこういうところに通っていると思う。

 

良いお店を見つけた。外に出て、思わずガッツポーズ。一人だから小さく。心の中で。思えば、東銀座から築地界隈が、ランチとしては一番楽しいエリアだと思うし、実際によく足を運んでいる。他にもいくつも紹介したいお店があるのだが、それはまたの機会に。

blog.kensasano.tokyo