お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

すぐに答えを求めたり聞いてくる人が多すぎる

完全に「おんぶに抱っこ」というか、自分の頭で考えることの出来ない人があまりにも多いなと思います。自力で考えてみましょうね、と言っても、すぐに答えを求めたり、聞いてくる人です。こういう人は、今後も苦労するだろうなと思います。

 

人間が他の動物よりもはるかに優れているのは「脳が大きい」ということです。せっかく授かった大きな脳を使わないのは、もったいないなと思うのですが、自らその「権利」を放棄したがる人が多いのです。これでは「人間以下」と言われても仕方ありません。

 

勉強のできる生徒は、まずは自分の頭で考えようとします。答えの載っているページをなかなかめくらず、先生が答えを言おうとすると「ちょっと待って」と必死に止めます。きちんと考えて答えを出したいのです。

 

勉強のできない生徒は、すぐに答えを見ようとします。先生が答えを言うのをひたすら待っています。その方が「楽」だからです。これではいつまで経っても、勉強ができるようにはなりません。大学まで通っても勉強のできない人が多いのは、これが影響しています。

 

社会人になっても、同じことをしています。上司に言われるままに行動し、自分の頭で考えることをしようとしません。俗に言う「指示待ちタイプ」の人間です。こういうタイプが出世することはありません。

 

自ら考えて行動し、その結果、失敗するのが嫌だと言う人もいます。それなら他人の言うことを聞いておいた方が、無難だし責任も取らなくていいので、そっちの方が「コスパが良い」とか平気で言います。残念な人だなと心の底から思います。

 

冗談抜きで、自分の頭で考える習慣のない人は、今後、確実に仕事が無くなると思います。頭を使わないなら、ロボットやAIで充分だからです。

 

頭を使う習慣のある人は全体の1割です。頭を使う習慣のない人は全体の9割です。1割の人間に富と権力が集中し、9割は搾取され続けて一生を終えます。この図式は、古代からずっと変わっていません。あなたは、どちらにいたいですか?という話です。

blog.kensasano.tokyo