個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

女が「みんな」と言ったら、せいぜい周り3人

女の人はよく「みんな」と言います。「みんなが言ってる」とか「みんな持ってる」と言いますが、それはせいぜい周り3人程度のことです。

 

「みんなが言ってる」という話は、友達同士でLINEで盛り上がったり、会った時にたまたま話題に上がっただけのことで、世間では誰も話題にしていません。それでも本人達は、みんなが言っていると思い込んでいます。

 

「みんな持ってる」というアイテムは、単なる「内輪ウケ」に過ぎません。友達同士なら、趣味や興味が似ていることが多いので、たまたまそこで持っているものが被っただけです。別に世の中全体で流行っている訳ではありません。

 

このことから分かるように、いかに「世間が狭いか」ということです。ここから抜け出すことはせず、せいぜい3人以内で盛り上がっている。そういう女の人がとても多いのです。

 

それで楽しいのであれば別に構いませんが、その価値観が周りにも通用すると思ってはいけません。あなたが面白いと思うネタは、周りからすると大して面白くありません。あくまで仲良しの身内同士でしかウケません。

 

個別コンサルで「みんなそう言ってます」と頑なに主張する人がいます。みんなって誰ですか?と聞くと「友達とその友達と幼馴染みです」と答える人が大半です。それならあなたの周りの人だけですよね?ともう一度聞くと「そうです」と答えます。その中の世界が全てだと思っていると、こういうことになるのです。

 

言葉使いの悪い人や敬語がきちんと使えないのは、普段から周り3人としか会話してないからです。コロナになってからはLINEでのやりとりがほとんどです。仲良し同士ならスタンプを多用するので、それでコミュニケーションが取れてしまいます。

 

そんな人が急に仕事で他人と会話すると困ります。どう話せばいいのか分からないからです。レジや接客でしどろもどろになっている店員さんは、このパターンが多いです。

 

せっかく色んな価値観があるのに、それを見ようともせず、たった3人以内の世界に閉じ籠っているのはもったいないなと思います。が、そういう人に限ってもったいないと言って「コスパ、コスパ」とうるさいのです。女って、つくづく不思議な生き物だなと思います。

blog.kensasano.tokyo