お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

都営線は暗くて汚い【エッセイ】

東京の地下鉄にはメトロと都営線があるが、後者の方はとにかく暗くて汚い。あれ、なんとかならないのかなと、いつも思う。

 

まず、照明の明るさが「昭和のまま」だ。どこか薄暗く、陰気な気がする。もっと他にあるだろうよ、ヨドバシでもビックカメラでも行って選んできなさいよ、と思う。

 

地上に出る階段や壁はひび割れている。おそらく、何十年もこのままなんだろうなと思う。全くテンションが上がらない階段を使い、乗客は地上に登っていくのだ。

 

これが「華の都」東京かと思うと、少し情けない気がする。憧れを持ってこの地に来た地方人は、この惨状を見てどう思うのだろう?東京って暗くて汚い街だという印象を受けるんじゃないか。そんな気がする。

 

同じ地下鉄でも、メトロになると随分と印象が違う。東京五輪に合わせてリニューアルしたということもあるが、どこも清潔感に溢れていて明るい。

 

歴史のある銀座線は特に頑張っている。銀座駅の柱なんて、銀座線、丸ノ内線、日比谷線でそれぞれ色が違うという気合いの入れよう。まるで「ラブホテル」みたいな色合いだ。

 

我が家の最寄りである白金台駅は2000年に出来たばかりなので、まだ新しい。そこにメトロも都営線も乗り入れている。少しややこしいのだが、同じ線路をメトロと都営線で「共用」しているので、どちらにも乗れる。が、印象が全く違う。

 

メトロの方は明るく、都営線は暗い。車内に一歩入った瞬間、その違いが如実に分かる。メトロ南北線の停車駅は、白金高輪、麻布十番、六本木一丁目、溜池山王、永田町、四谷、市ヶ谷、飯田橋、後楽園と言うように、メジャーな駅が多い。

 

一方、都営三田線は地味。白金高輪までは同じで、その次が三田。これはJRの山手線でいうと「田町」になる。そこから芝公園、御成門、内幸町と続く。滅多に行くことがない。ようやく日比谷が出てきて、大手町、神保町、水道橋。ここら辺も年に数回乗るかどうか。春日、白山と続くのだが、ここまで乗ったことはない。単純に用がない。

 

もういっそのこと、メトロも都営線も「合併」すれば良いのに。都営地下鉄を運営している東京都が、メトロの株を半分持っているらしい。それなら尚更、一元化するべき。

 

という議論は大昔からあるみたいだが、そうはなっていないのには、何かしらの理由があるのだろう。とりあえず都営線の電球の明るさを変えるだけでもやれば良いのに。それすら出来ない「何か」があるのか?まぁ別にどうでもいいけど。

blog.kensasano.tokyo