個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

女性独立開業ランキング見てる時点で売れないなと思う

Googleで「女性 独立 開業」とか「独立開業 人気 女性」と検索すると、女性独立開業ランキングなるものが出てきます。こういうものを見てる時点で、その人は売れないなと思います。

 

ランキングに入っているということは「既にやっている人が多い」ということです。そんなライバルの多い業種に後から参入して、戦略も無しに勝てるつもりでしょうか?

 

こういうランキングに入ってくる職業には、需要と供給という商売の最も基本的なことが「スコーン」と抜けています。いかに需要があるかということよりも、いかに始めやすいかとか、いかに誰でも出来るかというものが上位にランクインします。

 

大体の場合、そういう仕事には需要がありません。需要が無いのに、そこにみんなが殺到します。結果として、過当競争になります。売れるのはごく一部です。しかもその人も既に「落ち目」です。そこに今から参入しても大した売り上げにはなりません。

 

売れない整理収納アドバイザーとか、パーソナルスタイリストとか、カラーコーディネーターとか、みんなこのパターンです。

 

今から始めるなら、需要があるのに、まだ供給量が少ない商売です。ということは、当然こんなランキングには入ってきません。世の中のほとんどの人が気付いてないけど、ものすごく必要とされているとか。ごく一部の人にとっては、それがあると助かるとか。そういう商売です。

 

女性の多くは、他人と同じことをやるということに「安心感」を覚えます。これが罠なのです。他人と同じことをやっても、売れるようにはなりません。その業界には既に第一人者や売れっ子が存在します。その人には永遠に追い付けません。

 

かといって、他人と違うことをやる勇気がありません。独立しました、起業しましたと言いながら、結局は会社員時代とやってることは大して変わらないのです。他人と違うことをするのが怖いからです。これが起業する女性が増えても、売れる人が増えない最大の原因です。

 

売れるようになる人は、他人の目を気にしていません。自分がやりたいからやるとか、困っている人のお役に立ちたいと思ってやっています。売れるかどうかすら気にしていません。だから売れるようになったのです。

 

独立開業して本気で売れたければ、ランキングに入っている職業は「一旦、外す」ことです。そこに載っていない仕事をしましょう。そのくらいの覚悟がある方が、早く売れるようになります。人の真似ばかりしていると、いつまでも売れないままです。あなたが好きな方を選んでください。

blog.kensasano.tokyo