お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

男は女に若さを求め、女は男に金を求める

婚活サイトのビックデータを解析すると、男は女に「若さ」を求め、女は男に「収入と資産」を求めるということが、データ上ではっきりとするそうです。

そう考えると、お金持ちの男が、若い女と付き合ったり結婚するのは、ある意味で当たり前の話であり、完全に「需要と供給」がマッチしているということです。

 

これだけ婚活サイトの数が増え、充実している時代です。社会的にも、サイトに登録することや、そこで出会って結婚する人の数も増えています。が、依然として生涯未婚率が上昇する一方なのは、ここに原因があるのかもしれません。男女共に「無い物ねだり」をしているのです。

 

絶対数から考えると、若い女性の人数はそこまで多くありません。しかも年々歳を取るので、若い女性と認識される期間は極端に短いです。20代から50代の男が、魅力的だと思う女性の年齢は「20歳〜24歳」というデータもあります。それを多くの男で取り合っている。そういう構図です。

 

収入や資産の多いお金持ちの男性の比率は、もっと少ないです。全体の1%以下しかいません。それを多くの女で取り合っている。そういう構図です。

 

うちのお客様には結婚相談所の方も多いですが、共通して言うのが、極端に「婚姻成功率が低い」ということです。男は40代以上の会員が多く、お金を持っていても、未だに実家暮らしだったり、見た目がアレだったり、女慣れしていなかったり、ロリコンだったりするそうです。

 

女はアラサーくらいから会員数が増え、40代以上の人もいます。その時点で既に「遅すぎる」のですが、妙にプライドが高く「いつかきっと白馬の王子様と出会える」と思い込んでいる人も存在するとのこと。これではいくら頑張っても結婚には至りません。

 

本気でお金持ちの男と結婚したければ、20代の早いうちになんとかすることです。それを過ぎると一気にチャンスは減ります。ということを、義務教育や家庭で教えてあげるのが、一番の少子対策だと思うのですが、いかがでしょうか。

blog.kensasano.tokyo