個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

近代の日本画展@五島美術館

少し前ですが、五島美術館で開催中の近代の日本画展に行ってきました。

www.gotoh-museum.or.jp

ここは前からずっと行きたかったのですが、見たいような展覧会がなかなか無く、ようやく面白そうな展示だなと思ったら、緊急事態宣言で臨終休館に。それが開けた初日に行くと空いてました。

 

最寄りの上野毛駅に到着し、ふと駅舎を見ると、天井が丸く空いた変わったコンクリートの建造物が。どこかで見たことあるなと思い、記憶を辿っていると、安藤忠雄の設計だと気付きました。展覧会か本で見てうっすらと覚えていたのでしょう。もう少しきちんと見ておけば良かったなと少し後悔。

 

展覧会自体はなかなか良かったです。横山大観、橋本雅邦、川合玉堂、川端龍子、小林古径という私の好きな日本画の巨匠たちをラインナップ。安田靭彦の「紅梅」「曙梅」が特に良かったです。

 

同時開催のもう一つの展示室では、蔦屋重三郎に関する展示が。十返舎一九や大田南畝の資料が置いてありましたが、個人的には入口にあった濱田庄司のお皿の方に興味津々。まさかここで見れるとは。

 

庭園はものすごく広いです。道は狭いですが、全部回ると15分は悠にかかるくらいの規模。やたらとお地蔵さんが置いてあるのが、ちょっと怖かったです。

 

この五島美術館は、東急グループの創設者、五島慶太の邸宅を改装したものです。やはり昔のお金持ちは、広い家に住んでいるなとか、他にやることがないから庭園に凝る人が多いなとか、見る度に思います。

 

ちなみにお隣には、五島慶太の子孫が今も住んでいるのでしょうか。大きなお家が「デン」とあります。この界隈、静かで住みやすそうだなと思いました。

 

近代の日本画展は6/20までとのこと。良かったら行ってみてください。上野毛駅のチェックもお忘れなく。

blog.kensasano.tokyo