個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

ページ分割でPV稼ぎをするとYahooでも読者が離れる

1ページで済むような記事を、わざと何ページにも分割して、露骨にPV稼ぎをするサイトが増えています。読むのが面倒だなと思ったり、そんなことまで分割する?と違和感を抱く人も多いのではないでしょうか。よく目にする記事の構成は以下のような感じです。

 

① クリックしたくなるようなタイトルをつける

② 本論になかなか入らず関係のない文章が続く

③ 次のページへ誘導する

④ 更に結論は次のページへ持ち越す

⑤ 最終ページは著者のプロフィールのみ

 

これでは読んでいる方にとっては「不満」しか残りません。貴重な時間を返せと思います。気になるタイトルだからと思ってクリックしたのに、なかなか本筋や結論が出てこない。そういう記事が最近あまりにも多すぎます。

 

なぜこんなことになっているかと言うと、ネット上の広告単価というのは、どれだけ多くの人に読まれたかではなく、どれだけ多くの「ページが」読まれたかで決まるからです。

 

100人に1ページずつ読まれるより、10人に10ページずつ読んでもらった方が効率が良くて、サイト運営者は稼ぎやすいのです。その「しわ寄せ」が読者に来ている。そういうことです。

 

Yahooの社員曰く、これまでは「一日に1億PV」はあったと公言していましたが、現在はそんなにも無いそうです。他のニュースサイトが増えてきたり、ネット上のコンテンツが多すぎるという問題もあるのですが、ページ分割による露骨なPV稼ぎによって、ユーザーが離れていった面は確かにあるとのこと。それはとてもよく分かります。

 

私もYahooは日々チェックしていますが、少しでもページ分割している記事になると、見る気が途端に失せます。そこまでして知りたくないとか、別に読まなくても良いかという気になってしまいます。

 

月に30〜40冊も読んでいる「活字中毒」の人間でもこうなるのです。活字に慣れ親しんでいないとか、読むこと自体が苦手という人なら、もっと早く「ギブアップ」するでしょう。

 

ということが分かっているので、私は絶対にページ分割も露骨なPV稼ぎもしないと決めています。ブログでそんなことをやっても、誰も喜びません。いかに読みやすく、分かりやすく、簡潔な文章が書けるか。そればっかり考えています。

 

おかげさまで、平均の「約10倍」のクリック率を誇っています。小細工やテクニックを使わなくても、読み手にとってやさしい書き方を意識すれば、読んでもらえるという何よりの証です。

blog.kensasano.tokyo