フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

同業者との価格競争に巻き込まれないコツ

「同業者との価格競争に巻き込まれて大変です」という相談をよく受けます。これは大企業から個人事業主・フリーランスまで共通した悩みと言えるでしょう。そこから抜け出すには、スペックや機能性で勝負しないことです。

 

大手の電機メーカーは軒並み不調です。機能やスペックにこだわりすぎて、もっと安い中国・韓国・台湾のメーカー、あるいはアップルのようなアメリカのメーカーにシェアを奪われました。

 

日本製の家電はどれも優秀ですが、面白くありません。「どうしてもこれが欲しい!」とはならないのです。掃除機としては過不足ありませんが、それなら多少高くてもダイソンの方が欲しくなります。シャープが作っているアクオスのスマホは性能としては素晴らしいですが、アップルのiPhoneほど使いたくはなりません。

 

日本人はついつい、機能が良い方が喜ばれるとか、スペックが凄い方が価値があると思いがちですが、買う側はそんな視点で選びません。機能やスペックよりも、単純に欲しくなるかどうか。持っていて満足するかどうか。周りに見せて恥ずかしくないか。そんな風に選びます。

 

同業者との価格競争に巻き込まれるのは、この理屈が分かっていないからです。どんどんマニアックな方に走り、お客様からすると、分かりにくい方向に行ってます。機能やスペックにこだわり「どうだ、凄いだろう」と虚勢を張っています。

 

みんなが同じようにやるので、そうなると価格でしか判断出来ません。そうなると「安い方で良いか」となるのは当然です。

 

価格で勝負していない人は、こんなことを常に考えています。

・選ぶとしたらどこに基準があるか

・同業者との違いはどこか

・お客様にとってどれだけメリットがあるか

 

機能やスペックよりも、いかにお客様が欲しくなるか、そこを徹底的に考え続けている人だけが、多くのライバルの中で生き残ります。

 

ブランディングに力を入れろとか、SNSを頑張れと言っているのではありません。あなたには、あなた独自の売りやアピールポイントがあるはずです。あなた自身もまだ気付いていませんが、そこを発掘し、その価値を提供していくことが大事ですよ、という話です。

 

それを徹底的にやると、同業者との価格競争に巻き込まれることなく、自分の思うような価格で売れるようになります

blog.kensasano.tokyo