フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

雑貨屋やうつわ屋がインスタグラムで集客するのに必要なこと3つ

最近、民藝にハマっている影響で、雑貨屋さんやうつわ屋さんについてあれこれ調べる機会が増えました。ほとんどのお店がインスタグラムをやっているのですが、行きたくなるお店とそう思わないお店には「明確な差」があります。

 

行きたくなるお店のインスタグラムには、この3つの要素が含まれています。

・商品がたくさん載っている

・お店全体の雰囲気が分かる

・値段が書かれてある

 

客としては、どんな商品が置いてあるのかが最も気になります。新入荷や再入荷の情報がマメに更新されていれば、フォローしようと思うし、良いなと思う商品があれば、お店に直接見に行ってみようと思います。そういう意味でも、商品がたくさん載っているというのは「最重要事項」だと言えます。

 

次に、お店全体の雰囲気が分かるかどうかも大事です。ほとんどの雑貨屋さんやうつわ屋さんは、個人経営で狭い店内に店主が一人でいます。私のような極度の人見知りからすると、そんなところに行くのは怖くて仕方ありません。

 

インスタグラムの写真を見れば、どんな配置でどのくらいの広さか、だいたい分かります。この「事前情報」があるか無いかで、行くか行かないか決めることも多いし、心理的な不安はかなり解消されます。

 

最後に値段が書かれてあるかどうかですが、これをやっていないお店が意外と多いです。せっかく商品は良いなと思ったのに、値段が分からなければ、買いようがありません。

 

お寿司屋さんで「時価」と書かれてあると怖いです。いくら取られるか分からないからです。それよりも値段がハッキリと書かれてある方が、お金を払う側の心理としては安心です。そういう意味でも、商品と値段は「ワンセット」と考えるべきです。

 

この法則は、雑貨屋さんやうつわ屋さんに限らず、他の業種にもそのまま当てはまります。あなたの商売に当てはめて、インスタグラムのアカウントを見直してみましょう。そうすると今よりもっと集客しやすくなるはずです。

blog.kensasano.tokyo