個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

一人でもうるさい客はうるさい【コロナ関連】

酒の提供ルールが提示され、6/21から適用されたが、つくづくアホなやり方だなと思う。

 

東京都の場合は、11時から19時まで、人数は2人以内、時間は90分以内となっている。これなら感染拡大せず、居酒屋も救済できると思っているかもしれないが、甘い。甘すぎる。

 

数日前に、築地にある定食屋に入った際の話。ランチタイムから酒を飲んで騒いでる老人が店内奥のテーブル席にいた。対面にはその連れの老人がいるのだが、そちらは静かに飲んでいる。片方だけがやたらと上機嫌で騒いでいるのだ。

 

狭い店内で、もちろん仕切りのパネルなんて無い。老人は常連なのか、店員とも親しげに話している。ずっと店内に響き渡るくらいの大声で。ものすごく迷惑だなと思った。うるさいのもそうだし、飛沫の問題もある。お店としても言うに言えないんだろうなと思った。

 

このお店は、ルールは守っている。二人客に制限時間内にお酒を提供しているのだから。が、こんな客はごまんといる。特に年寄りに多い。一人であろうが二人であろうが、うるさい客はうるさい。ということを、役所の人間は分からないのだろうか。

 

人数が問題なのではなく、その人自身の問題なのだ。人数や時間の制限は撤廃して、うるさい客や他人に迷惑をかける客を放り出せば良い。それが最大のコロナ対策だと思う。

 

店主の判断で、言うことを聞かない客は、どんどん警察に通報すれば良い。逆上したり、逆恨みされたら、堂々と突き出せば良い。その「権限」は知事が持つ。そう言えば、知事としての役割が全うできるのに。

blog.kensasano.tokyo