フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

どうせ女の方が長生きするんだから焦らずじっくりやれば良い

日々、女の人に接していて思うのが、随分と「焦っているな」ということです。結婚や出産ならまだ分かりますが、起業して「すぐに」売れたいと思う人が、あまりにも多いなと。そんな気がします。

 

心配しなくても、すぐに売れることなんて、滅多にありません。仮に売れたとしても、すぐに真似されるので、長くは続きません。それよりも、どっしりと構えて、まずは「基礎固め」をした方が、長い目で見たら商売としては続きます。

 

今30歳としても、平均寿命の87歳まで生きるとしたら、あと57年もあります。今の倍以上の人生が、まだまだ残っているのです。その中で一度でも売れれば、御の字ではないでしょうか。そう考えると気持ちが楽になり、やれることも増えてきます。

 

相談に来た人にいつも言うのは「ゆっくり、やりましょうね」です。焦って視野が狭くなっている人には、この言葉は効果があります。

 

一旦、立ち止まって、よく考えてみる。良いなと思ったことや、やってみる価値があると思うことは、とりあえずやってみる。結果を焦らず、それを繰り返しているうちに、どれかが偶然当たる。そのくらいのスタンスの方が、売れるようになります。

 

たった一回のチャレンジで、それが当たることは、確率論としても相当に低いです。当たる確率を上げる為には、チャレンジの回数を増やすことです。地味な作業ですが、これが最も確実です。

 

実を言うと、女の人の「ほぼ全員」が、この地味な作業が苦手です。面倒な作業をコツコツやるより、楽で簡単にサクッと稼げることを、24時間365日探しています。だから詐欺に遭うのです。

 

地味で面倒な作業は、やればやるだけ、どんどん差がつきます。これをやらない手はないのですが、ほとんどの女の人がやらないのです。口では稼ぎたいとか成功したと言いつつ、やっていることは「あべこべ」です。女って、つくづく不思議な生き物だなと思います。

blog.kensasano.tokyo