個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

私が別れ際に必ず「ありがとう」と言う理由

人は、いつ、どのタイミングで、もう会えなくなるか分かりません。毎回「これが最後かも」と思うくらいでちょうどいいのです。

 

だからこそ、別れ際には必ず「ありがとう」と言うことにしています。それが「最後の言葉」になれば、後悔しないからです。

 

大人になると、転勤や結婚や出産や離婚ということが日常的に起こります。以前は当然のように会えていた相手とも疎遠になることも多いです。ご近所だからスーパーでよく会っていたのに、急に遠くの土地に行くことになり、二度と会えない可能性もあります。

 

それに加えて、急死する人もいます。実を言うと、私の周りにはこれが多いです。ちょっと前まで一緒に仕事をしていた後輩が死んだこともあります。まだ20代でした。この時、人は健康で品行方正に生きていても、急に死ぬこともあるんだなと痛感しました。

 

個別コンサルでお会いする人は、たった一回だけの人が大半です。中には何度もリピートしてくれる人もいますが、比率でいうと、やはり一回だけの人が多いです。一回会うと、次はもう二度と会えないかもしれません。

 

だからといって、ないがしろにするのはどうかと思います。一回しか会えないからこそ、良い時間にしたいし、感謝の気持ちを持って接したいのです。その気持ちを表すのに「ありがとう」という言葉は、最も適していると思います。

 

家族や友達とも同じように接しています。年に一回とか二回しか会いませんが、別れ際には必ず「ありがとう」と言います。もし病気や怪我で倒れて、私のことを思い出した時に、最後に交わした言葉が「ありがとう」だったら良いなと思うからです。

 

人の印象は、別れ際で決まります。第一印象を良くしようとして、頑張っている人をよく見かけますが、そういう人に限って、別れ際が残念なのです。適当に挨拶してさっさと帰っていきます。どれだけ着飾っても、それがその人の印象として相手には残ります。

 

あなたの周りの素敵な人の別れ際に発する言葉をよく観察してみましょう。必ず「ありがとう」と言っているはずです。もしそんな人が周りにいなければ、あなたがそんな人になれば良いのです。そうすると、良い人間関係が築けるようになります。

blog.kensasano.tokyo