SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

オリンピックを控えた東京のリアルな様子【コロナ関連】

「オリンピックが近づいてきたから、東京はさぞ盛り上がっているんでしょ?」とか「東京の今はどんな様子ですか?」と聞かれることが多いので、現実をありのままに書くと「全く盛り上がっていないし、誰もオリンピックなんて気にしていない」ということ。

 

そもそも競技場が近くに無い。ほとんどが海岸部にあるので都心部からは遠く、オリンピック関連の施設や車両、スタッフを見かけることもない。新国立競技場や代々木体育館はまぁまぁ近いが、普段から頻繁に行く場所ではないので、こちらもいまいちピンとこない。

 

近くに住んでいる人は交通規制が既に始まっているので、あれこれ影響があると思うが、それ以外の人には何の関係もない。

 

多くの人の本音は「本当にやるの?」だと思う。日を追うごとに感染者数が増えてきて、まん延防止法も延長される様子。もしかすると、緊急事態宣言がまた出されたり、酒類の提供が禁止されるかもしれない。そんな状況でよくやるよなと思う。

 

いざ始まったらテレビで見る人は多いと思うが、日常的にオリンピックを感じる機会は滅多にない。多少、街中に外国人が増えたなと思うかもしれないが、近所に各国の大使館が山のようにあるので、特に違和感もない。

 

ということで、東京都民のほとんどは、オリンピックに関心がなく、ごく普通に生活しているというのが現状。メディアでは盛り上がってる「風」を装うかもしれないが、実態はこんなもんです。

blog.kensasano.tokyo