フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

美人は感謝が多く、ブスは愚痴が多い

美人は小さい頃から褒められることが多いです。かわいいね、キレイだね、素敵だねと言われて育ちます。そうすると、必然的に「ありがとう」と、言う機会も増えます。ありがとうを言うと、また、ありがとうと言う機会がやってきます。

 

これをずっとやっているので、褒められることも、感謝することも増えていきます。そのような「正のスパイラル」に入り、どんどん自己肯定感が上がり、美しさに磨きがかかるのです。

 

私の周りにいる美人は全員、感謝が多いです。メールでもLINEでも対面でも、常にありがとうと言ってきます。ほんの些細なことでも、感謝できる要素を見つけ出し、ありがとうと言ってきます。要するに、日々の生活の中で「ありがとう探し」をしているのです。そんなことばっかりやっていたら、美しくなるに決まってます。

 

ブスは、小さい頃からあまり褒められません。そうすると、卑屈になります。「でも、どうせ、だって」が口癖になります。妬み、僻み、嫉妬がスタンダードになります。そうすると、立派なブスの「完成」です。

 

常に褒められる美人を見て、愚痴を言うようになります。あの子だけズルい、どうせ私なんか、きっと性格が悪いはず。そんなことばかり言っているので、どんどん顔が歪んできます。そのような「負のスパイラル」に入り、どんどん自己肯定感が下がり、ますますブスに磨きがかかるのです。

 

ブスは何かにつけて、人を批判する要素を探します。それを見つける「プロ」みたいな人も多いです。そんなことばっかりやっていると、ブスになるに決まってます。

 

逆の言い方をすると。美しくなりたければ、先に感謝してしまえば良いのです。どんな小さなことでも良いので、感謝できることを探せば良いのです。何を言われても、どう思われても、相手には「ありがとう」と返す。そうすると、自己肯定感は自然に上がります。口角も上がります。

 

生まれた時はみんなかわいいのに、段々と美人とブスに分かれてきます。その差はどこからくるかというと、こういう些細な違いなのです。あなたの人生を、正直に振り返ってみてください。きっと当てはまっていると思います。

blog.kensasano.tokyo