SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

国産ワクチンを待った方がいいのか?【コロナ関連】

結論から言うと「待たずに今あるワクチンをさっさと打つべき」と多くの識者やお医者さんがとっくに言っているのだが、その説明が難しすぎて、いまいち理解出来てない人が多い気がする。

 

例えば、この記事を要約すると、以下のようになる。

www.asahi.com

・待つメリットはない

・国産ワクチンがいつ実用化されるのか、そもそも実用化されるかどうかも現時点では分からない

・ファイザー製もモデルナ製も発症予防効果は「95%」と高い

・国産ワクチンの大規模な臨床実験をするのは難しい

・臨床実験をやらないと効果や安全性に疑問が残る

 

どのメディアでも、専門家は同じようなことを言っていると思うのだが、それを「読み取る力」が弱い人が、頑なに海外製のワクチンを拒否し、国産なら安心と思い込んで、それを「吹聴」しているのが、今の流れだと思う。

 

客観的に考えてみよう。ファイザー製もモデルナ製も、既に世界中で何億人もが打っている。もし問題があるのなら、今頃、世界中でパニックになっているはずだが、そんなことはない。

 

サッカーの「EURO2020」が何とか開催されたが、会場によってはキャパシティ満員まで客を入れていた。会場に入る条件としてワクチン接種が義務付けられていたが、そこに入った人はこのワクチンを打っていた。という事実を、どう捉えるかだ。

 

もちろん副作用が出る人はいるが、それは100万回で10件以下。確率論でいうと、ものすごく低い。そこに当たるかどうかは、宝くじみたいなもので、当たらない人の方が圧倒的に多い。

 

何でもそうだが、陰謀論や科学的根拠のない噂話に釣られるのは、頭の悪い人の典型だ。実際に世の中がどうなっていて、出ている数値を正確に読み取り、それを踏まえてどうなるかという冷静な判断が出来ない。

 

上に挙げた記事もそうだが、日本人の3分の2くらいは、正確には読み取れないと思う。活字が並んでいる時点で読むのを「放棄」する人も多いだろう。

 

そういう人に限って「海外製は危険だ。国産を待った方がいい」と大きな声で叫び、周りを巻き込もうとする。というのが、国産ワクチンを巡る日本の現状だと思う。

blog.kensasano.tokyo