SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

神戸の相楽園に初めて行った話

神戸にある相楽園に初めて行きました。

www.sorakuen.com

この本で偶然知りました。

 

 

建築好きとしては「行きたい!」と直感的に思い、関西出張のついでに立ち寄るってみることに。

 

今まで神戸の三宮や元町には軽く100回以上足を運んでいますが、この界隈を歩くのは初めて。兵庫県庁を見るのも初めて。灯台下暗しとはこういうことを言うのだなと痛感しました。

 

受付で入場料(300円)を払い、真っ先に目に飛び込んできたのが、南国風の蘇鉄の一群。なかなか立派で威厳のある佇まい。樹齢300年とのこと。

f:id:kensasano:20210713102756j:image

その反対側には、大きな灯籠が。

f:id:kensasano:20210713102807j:image

で、お目当ての旧小寺家厩舎と旧ハッサム住宅。どちらも重要文化財です。

f:id:kensasano:20210713102814j:image

f:id:kensasano:20210713102822j:image

本によると、別の場所にあったものを、こちらに移築したとのこと。移築ってどうやるんだろう?と思わず、調べてしまいました。

 

ちょうどお庭の手入れをしていたのですが、とても美しい庭園でした。やはり、昔のお金持ちは、庭に凝る人が多いなと実感。他にあまり使い道が無かったのでしょう。だいたいは、このパターンです。

f:id:kensasano:20210713102859j:image

f:id:kensasano:20210713102918j:image

ということで、サクッと15分くらいで見て回りました。暑かったので、このくらいが限界です。本で見て知り、実際に行ってみるというのは、とても大事なことです。よく考えたら、39年間ずっとそんなことばかりしている気がします。

blog.kensasano.tokyo