フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

読んだ本の記録とリスト(2021年7月12日〜7月18日)

 

柚月裕子さんによる広島県警とヤクザのシリーズ三部作の完結編。もちろん前の二作も読み、映画も見たが、今回も非常に面白い。令和の「仁義なき戦い」といった感じか。癖の強い広島弁を、岩手出身の作家が書いたというのも興味深い。

 

 

5億円を貯め込んだ資産家の余命が迫り、それを狙う魑魅魍魎の人間ドラマを快活に書いた小説。いかに人はお金に対して卑しくて汚いかがよく分かる一冊。

 

 

ハライチの「じゃない方」によるエッセイ集。ネタ以外の文章を書いたことがないそうだが、純粋に面白い。5万部売れたのも納得の一冊。

 

 

同い年のライター武田砂鉄さんによる、昨今の分かりやすさばかり求める風潮に一石を投じるコラム集。ものすごく分かりにくいので、拾い読みで何とか最後まで到達。とは言え、時に強烈に共感出来る部分も。そんなところが憎めない一冊。

 

 

初心者から玄人まで楽しめる、久々にじっくり読んだ雑誌。民藝やうつわについて勉強中だが、まだまだ知らないことが多いことを痛感。ちょっとやる気が出た一冊。

 

 

こんなタイトル付けられたら、そりゃ読むしかないでしょうという文庫本。心理学を学んだことのある人なら知ってることが多いが、体系的にまとめられていて、さすがFBIという内容。良いようにも悪いようにも使える一冊。

 

 

読売新聞のWEBサイトで、アラサー女子の悩み相談に壇蜜さんが回答したものをまとめた一冊。彼女の書く文章がとにかく好きで、日記本シリーズも含めて全部読んでいるが、これはかなり大人しめ。が、最後の「私の30代までをプレイバック」という書き下ろしが秀逸。ここだけでも読む価値アリ。

 

 

感性が似ているというか共感する部分の多い松浦弥太郎さんの本を久々に読んだら、やっぱりそうだった。メモもたくさん取った。こういうこと自体、久しぶりな気がする。あなたにもお勧めしたい一冊。

 

 

キャッチセールス評論家として有名な多田文明さんによる過去の著作をまとめた新書。ここにも書いたが、やはり騙す方がよく勉強しているので、騙されない為にも詐欺師の手法を学んでおくべし。こういう本を義務教育で読ませておけば、被害も減るし、仕事にも活かせるのになと思った一冊。

 

blog.kensasano.tokyo