SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

緊急事態宣言の効果のなさを数式で示してみる【コロナ関連】

現時点で、国民の多くが、緊急事態宣言にはもはや効果がないと思っている。Yahoo!の調査では、実に「96%」の人が効果はないと答えている。

f:id:kensasano:20210730101455p:plain

その前提で行動するので、当然、効果は出ない。ということを、去年からずっと繰り返しているのに、まだ懲りない。

 

分かりやすいように、数式にしてみる。現時点の東京都の緊急事態宣言はこんな感じ。

効果のない方法(0)×実施期間(42日)=0

 

これを延長するとこうなる。

効果のない方法(0)×実施期間(42日+9日)=0

つまり、効果のない方法であれば、いくら期間を延ばしても意味がない。0に何をかけても、0なのだ。

 

逆に、この緊急事態にも関わらず、自粛疲れやオリンピックの強行開催により、反発する人や政府や自治体の要請を無視する人やお店も急増している。これを数式にするとこうなる。

言うことを聞かない国民(-10)×実施期間(42日)=-420

 

更に今回の延長で言うことを聞かない人が更に増え、期間も延長すると、こういう結果に。

言うことを聞かない国民(-100)×実施期間(42日+9日)=-5100

というように「爆発的な感染」を引き起こすことになる。

 

これは小学生でも分かる理屈だと思うが、残念ながらこの国のトップには理解出来ないらしい。全く緊張感がなく、相変わらず曖昧な発言に終始し、具体的な政策は出してこない。

 

こんな意味のない緊急事態宣言を神奈川、千葉、埼玉、大阪にも拡大し、東京と沖縄で延長したところで、効果があるどころか、逆効果にもなり得るということが分からないのが、今の日本の現状。

 

2020年からずっと対策に追われているが、国民が「よし、協力しよう!」と思えるものは皆無。つまり、今のチームには、それを考えれる人も示せる人もいないということ。それがここまず「ぐずぐず」になっている原因だと思う。

 

いいかげん、人選を変えた方が良い。政府の中枢も専門家会議も。オリンピックはあんなにすぐにクビにしたのだから、国民の命と生活がかかっているコロナ対策なら、もっと迅速に対応するべきだ。

 

ということを、国のトップがまるで理解出来てないのが、一番の問題かもしれない。

blog.kensasano.tokyo