SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

自分と違う意見を聞かされると「人格を否定された」と思う人が多い

どれだけ器が狭いんだと思いますが、こういう人がとにかく多いので、人間関係の悩みというのは無くならないのです。

 

冷静に聞くと、誰もそんなことは言っていません。あくまで自分の意見を述べただけであったり、一般論として発言しただけです。が、心の狭い人はそうは思いません。「文句を言われた」とか「否定された」と思います。

 

一度そう思い込むと、自分の殻の中に閉じこもってしまい、そこからなかなか出ようとしません。本当に面倒です。

 

人それぞれ意見が違って当然だという健全な考え方が出来ません。とにかく狭い価値観しか持っていなくて、それが正しいと「本気で」思い込んでいます。だから違う意見を聞かされると、猛烈に反発するのです。

 

性別、年齢、役職問わず、こういう人はいつの時代にも一定数います。ここ数年は、むしろ増えています。Twitterを観察していると、自分の意見と合わないというだけで、喧嘩している人がものすごく多いことに気付きます。

 

周りにこういう人がいたら「あらあら、かわいそうに」と思うようにしましょう。「まだまだ精神的に幼いんだね」と心の中でつぶやきましょう。それだけで随分と気が晴れます。

blog.kensasano.tokyo