SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

ステイホーム観戦が進んだのではなく暑いから外出しなくなっただけ【コロナ関連】

この記事のタイトルだけ見ると「へぇ、そうなんだ」と素直に納得する人もいるかもしれないが、実情はまるで違う。

www.yomiuri.co.jp

梅雨が明けて、オリンピックが始まった頃から、東京は昼間の気温が高くなり、ものすごく暑い。それでも出勤する必要がある人や、気温なんて関係なく元気な人なら外出するが、そうではない人は外出を控えている。

 

テレビではずっとオリンピック関連の映像が流れているので、それを見ている人が大半。それを自粛に繋がっているというのは少々強引というか「こじつけ」が過ぎると思う。

 

夕方の16時頃からようやく陽が落ちてきて、日陰も出てくる。飲食店は8/31までしまっているか20時まで。それならもう家にいようとか、近所のスーパーに行く程度にしておこうという人がほとんど。

 

そういう意味では人流の抑制にはなっているが、あくまでそれは気温のせい。政策が上手くいっている訳ではないし、気温が下がってきたら、以前のように出歩く人は増えてくる。

 

タイミングの悪いことに、もうすぐオリンピックが終わる。その翌週くらいから、気温が少しだけ下がり始める。そうすると人々は動き出すので、ここでまた感染者は増える。

 

オリンピックが始まったらみんな熱狂して「やって良かった!」と思い、支持率も回復するだろうという政府の思惑は、半分当たって半分外れた。単純な人はメダルラッシュに沸き、グッズまで買ってしまったかもしれない。

 

が、それと同時に感染者数が過去最悪を更新したので、支持率は更に下がる。このまま秋の総選挙に突入したら、自民党はボロ負けする可能性大で、管政権は終わる。

 

会見の様子を見ていても、正常な思考能力が働いていないというか「ボケ老人」のように思う。そんな人がこの国の運命を握っているのかと思うと、恐ろしくて仕方ない。

 

頼むからもう辞めてほしい。と、思っている国民は多数いると思うが、秋田の田舎から「成り上がった」男は、そう簡単には総理の座を譲らない。やはりこの国の「害悪」は、頑固な老人なんだなということが、コロナでよく分かった。blog.kensasano.tokyo