SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

どこかで誰かが見てくれている幻想を捨てよう

前にも同じようことを書きましたが。補足です。

blog.kensasano.tokyo

「どこかで誰かが見てくれている」というのは幻想であり願望です。これは間違いありません。

 

それを踏まえた上でアドバイスすると、どこかで誰かに見てもらいたければ、見てもらえるところまでは、自力で出て行きましょう。そうしないと、相手も見つけようがありません。

 

見つからないところでいくら頑張っても、そもそも相手には見えていない訳で、その努力は報われません。それなら見つかるところはどこなのかを探すことに力を注いだ方が、よっぽど効率的です。

 

綺麗事しか言わない人は「その場しのぎ」の為に、どこかで誰かが見てくれているから、それを信じて頑張りましょうと言います。残酷だなと思います。

 

そんなことをやっても、成果は上がりません。本気で成果を上げたいなら、綺麗事抜きで、具体的にどうすればいいのかを教えてあげないといけません。それが出来ない人が連呼する言葉の代表が「どこかで誰かが見てくれている」です。

 

これが出た瞬間に、その人は無能なんだなと判断できます。

blog.kensasano.tokyo