SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

ようやくオリンピックらしさを感じた件【コラム】

日本橋から三越前に向かって歩いている時、橋の麓に人だかりが。こんな暑いのに何をやってるんだろう?と思ったら、こんなものが。

f:id:kensasano:20210806103450j:image

 

いかにも埼玉や千葉から来ましたみたいなヤンキー家族が嬉しそうに写真を撮っていた。楽しそうで微笑ましかった。

 

東京五輪と言いながら、全く実感がない。選手を見かけることもないし、競技場や選手村は沿岸部に集中しているので、その地域に住んでいる人以外は、どこも同じような感じだと思う。

 

有楽町を歩いていると、駅前でモンゴルの関係者とすれ違った。選手かスタッフかは分からない。あれだけ豪語していた「バブル」はどうなっているんだろう?と心配になった。

 

プレスセンターが東京国際フォーラムに設置されているので、有楽町界隈にはスタッフ証をぶら下げている人がたまにいる。それでも見たのは二人くらいか。あとは目黒駅でボランテイアのユニフォームを着ている人を二人発見した。以上、五輪っぽい出来事でした。

 

そんな感じなので、本当にやってるの?と思ってしまう。テレビも無いので、ほとんどは結果だけしか分からない。サッカーだけはスマホのアプリで生配信で見ているが、それも日本戦のみ。単に時差が無いだけで、今までのオリンピックと何ら変わらない。

 

という人が東京でも多いんですよ、と日本中の人には伝わってるかしら?

blog.kensasano.tokyo