SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

行動力がある人とない人の違いは「迷っている時間」の長さ

売れる人というのは全員、行動力があります。考えてみれば、当然の話ですが。話を聞いて終わりではなく、行動したから、売れるようになったのです。

 

行動力がある人は、思考の「行程が少ない」です。

① 話を聞く

② やる

極端な話、これだけです。時間がかかりません。

 

行動力がない人は、思考の「行程が多い」です。

① 話を聞く

② 今まで聞いたことない話だ

③ どうしよう?

④ 不安だな

⑤ 大丈夫かな

⑥ やれるかな?

⑦ 誰かに相談しようかな?

⑧ ネットで調べてみようかな?

⑨ やっぱり不安だな

ということを、延々と繰り返しているので、いつまで経っても行動に移せません。

 

時間の使い方として、一番無駄なのは「迷っている時間」です。いくら迷っていても、一歩も前には進んでいません。貴重な時間が過ぎ去った分、むしろ「マイナス」です。行動力がない人は、このことに気付いていません。

 

行動力がない人は、いちいち頭で考えます。「やる理由」を、探したりします。やる理由なんて、別に必要ありません。やりたいと思えば、すぐにやれば良いのです。それに加えて、やらない理由も探したりします。もはや「言い訳の天才」です。

 

よく言うのが、行動力のない秀才より、行動力のあるバカの方が出世する、ということです。頭の良い人は、色々と考えてしまいます。バカは何も考えません。よーいドンでスタートしたら、初動が早い分、バカの方が先に着きます。

 

ビジネスの世界では、こういうことが、よく起こります。有名大学出身のエリートが、三流大学出身の筋肉バカに、営業成績で負けたりします。上司は同じように、アドバイスしています。が、エリートは行動に移すまでにじっくり考えるので、動きが遅いです。筋肉バカは、何も考えずに、言われたことをそのままやります。それが結果に直結し、出世にモロに影響するのです。

 

行動力をつけるのは、簡単なことです。あれこれ考えず、とりあえずやれば良いだけです。特殊な能力も、学歴も家柄も関係ありません。誰でもすぐに、できることです。

blog.kensasano.tokyo