SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

カタカナや専門用語を連呼する人に優秀な人間はいない

カタカナや専門用語を連呼するのは、どこか後ろめたいことがあるか、コンプレックスがあるかのどちらかです。

 

後ろめたいことがある人は、相手を煙に巻こうと思い、カタカタや専門用語でごまかします。詐欺師がよく使う手です。実は大したことは言っていないのに、それっぽく聞こえるように喋っているだけです。

 

仕事の出来ない人ほど、カタカナや専門用語が好きです。それで優越感に浸っていますが、周りからすると「何を言っているのかよく分からない人」と思われているだけです。もちろん、信頼も信用もされていません。

 

仕事が出来ないのをごまかす為に、カタカナや専門用語を連呼するのです。それさえ使っておけば、自分も「そっちの業界の人」と思ってもらえると、本気で信じています。

 

本当に頭が良くて優秀な人は、難しいことを簡単に言います。素人でも分かりやすく、瞬時に相手が理解出来るように伝える工夫をします。だから人とお金が集まってくるのです。

 

頭が悪くて無能な人は、簡単なことを難しく言います。玄人でも分かりにくく、何度聞いても理解出来ません。相手に対しての思いやりや配慮がまるでありません。だから人とお金が離れていくのです。

 

あなたの周りで、カタカナや専門用語を連呼している人を思い出してみてください。全員、嫌われているはずです。それが正直な周りの評価です。

 

人に好かれてお金にも好かれたかったら、よく分からないカタカナや専門用語は決して口にしてはいけません。これをしたら100%、目の前の相手に嫌われます。優秀な人間で、こんなことをする人は一人もいません。
blog.kensasano.tokyo