SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

プロ野球の上限5000人の座席配置がおかし過ぎる件【コロナ関連】

上限5000人になった去年の神宮球場の1試合目から通算すると、もう10試合近くは生観戦しているのだが。全く改善されないのが座席配置。

 

3万人の座席数に対して、入っているのは5000人。にも関わらず、チケットの売り方が下手なのか、ものすごく密になっているところが未だに発生している。これ、何とかならないのか?と行く度に思う。

 

一席ずつ空けて、横に一列ズラーッと並んでいるところがあるかと思えば、ワンブロック約100席分くらい全く使っていないエリアもある。そこを上手に使えば、密も発生しないし、快適に観戦出来て、感染予防にもなる。

 

ビジョンでは繰り返し「ご自身の座席でご観戦ください」というアナウンスが流れ、チケットには名前と連絡先の記入を求められ、チケットは14日間は保存しろと言われる。

 

もしクラスターが発生した際に、迅速に連絡する為という「建前」だが、今の状況を見ていると、どう考えても感染ルートを追うことなんて出来ない。仮に野球観戦をしていても、そこで感染したとは言い切れない。

 

それならいっそのこと、ある程度のブロックだけ区切っておいて、その中で観客自身に空いている席を選んでもらうシステムにした方がよっぽど「安心・安全」だと思う。家族なら連続した席を選ぶだろうが、一人客ならそこは避けて端の方に行く。各自で選び、あとは自己責任にすれば良い。

 

規制退場もよく分からない。出口だけ制限しても、結局は外の売店や通路、駅で密になる。一応、やることはやってますよというだけのことでしかなく、政治家のアピールと何ら変わりない。

 

もう一年半も経っている。初期設定を更新して、柔軟に運営方法を変えていくべき時期にとっくに来ている。今のところ球場では大きなクラスターが発生しないのだから、更に進化して快適なシステムを作り上げてほしい。それを日本の標準にすれば、他のイベントも開催出来る。プロ野球とJリーグには期待している。

blog.kensasano.tokyo