SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

5Gを感じない男のブルース【エッセイ】

「5G」というサービスというか規格が2020年3月から始まったが、未だに一度も使ったことがない。駅や街頭で5Gという名称やポスターは見かけるが、実生活には何の影響もない。これ、どうしたもんか。

 

4Gから5Gになると、通信速度が格段に早くなり、動画の視聴もスムーズに出来る。確かそんな触れ込みだったはず。にも関わらず、ずっと4Gのまま来てるし、動画の速度も前のまま。という人が大半な気が。

 

5Gがスタートしても、それに対応するスマホを持っていないと使えない。私のものはiPhone SE2なので4G。ということは、このスマホを変えない限りずっと4Gだし「ノー5G」生活は続くということ。

 

それで何の問題も不具合もないし、動画もスムーズに視聴できている。という人が、これまた大半なのだろう。

 

それと不思議なのが、サービス開始からもう一年半くらい経つのに、誰一人として「5Gすげぇ!」とか「やっぱり5Gじゃなくちゃ!」と言っている人がいないこと。使っている人が極端に少ないのか、使ってみても意外と利便性を感じないのか。

 

どちらにしても、良いサービスならもう少し「お客様の声」があるはず。それが皆無ということは、やはり「そういうこと」なのだろう。

 

今やどこにでもwi-fiがあるし、モバイルルーターを持ち歩く必要もない。ホテルに宿泊しても二、三日旅に出ても、まるで困らないネット環境にある。そんな時にわざわざ5Gというサービスを開始したところで、特にメリットがないということか。

 

となると、これ、一体、誰の為にやっているのだろう?少なくとも、ユーザーの為ではない気がする。

 

もう一つ気付いたが、サービス開始のタイミング(2020年3月)が、コロナの発生時期とモロに被っている。みんな、それどろこではなかったのかも。そう考えると納得できるが、ほとんどの国民の「ノー5G生活」はしばらく続くと思われ。

blog.kensasano.tokyo