SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

【2021年版】リアル店舗のSNS事情

民藝に興味を持ち始めて以来、うつわ屋さんや雑貨店のSNSを見る機会が増えた2021年ですが。圧倒的に多いのが「ホームページとインスタグラムだけ」というパターンです。

 

個人で活動している陶芸家の方は、インスタグラムだけやっているという人も多く、いずれにしてもあれもこれもやっているお店や人は「少数派」だと言えます。

 

理由は単純で、あれもこれもやると手間暇がかかり、作品を作ったり商品を並べたり販売することが疎かになるから。まずは本業に集中し、SNSは最低限だけやる。これが基本かなと。

 

売れない人やお店に限って、色んなSNSに手を出したがります。何十万円もかけたホームページがあるのに、ブログもTwitterもインスタグラムもフェイスブックもやっていて、その上で「やはりyoutubeもやった方がいいですか?」と聞いてきます。

 

これは手段と目的を履き違えています。SNSというのは、あくまでお店や個人の宣伝ツールであり、それ自体をやることが目的ではありません。目的はお店に来てもらったり、商品を販売することであり、その手段の一つとしてSNSがある。という原点に一度立ち返りましょう。

 

私もこのブログしかやっていません。Twitterやインスタグラムのアカウントは持っていますが何の発信もしていません。もっぱらフォローしている人の発信を見るだけです。

 

フェイスブックは5年ほど前に辞めました。youtubeは2014年からアカウントを持っていますが、大してやる気がありません。対面でお会いするお客様に顔が分からないといけないなと思い、その為に作っただけです。

 

以前はメルマガを発行していましたが、面倒になったので、このブログ内に「エッセイ・コラム」というコーナーを作り、そこに集約しました。

blog.kensasano.tokyo

 

LINE@とか全く興味ありませんが、どうやって使えば集客に結びつくかは理解しているので、お客様にアドバイスを求められたら「即答」できます。

blog.kensasano.tokyo

 

というように、まずは本業です。それを宣伝するツールとしてSNSがある。その「基本のキ」をもう一度確認しましょう。話はそれからです。

blog.kensasano.tokyo