SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

東京マラソンの出走が再々延期された件【コロナ関連】

昨日、事務局からメールで連絡があった。正直、またかと思った。仕方ないが気持ちの持って行き方が難しい。

www.marathon.tokyo

本来は東京五輪の開催される2020年大会の出走権を得ていた。11倍を超える倍率を勝ち抜き、その権利が確定したのが2019年。直前の二ヶ月で100kmの走り込みを敢行し、やる気満々になっていたのに、2020年大会の延期が発表されたのが本番2週間前。

 

それから2021年10月の大会と2022年3月の二大会を開催するから、どちらか選んでくれと言われ後者を選んだ。2021年10月はまだコロナが収束していないだろうと思ったので、少しでも先の方が良い。

 

それと10月に出走するとなると、練習するのが8月、9月といった暑い時期になるので、走るのが嫌になるだろうなという気もした。

 

再度、2023年大会への参加権移行も促されたが、早く走りたいので、2022年3月の大会にエントリーしていた。その予定が昨日の発表で狂った。

 

決定事項は以下の通り。

① 2021年10月の大会→2022年3月に延期

② 2022年3月の大会→開催中止

 

②にエントリーしている私のような人間に対しては、10月中に改めて連絡がくるとのこと。おそらく2023年の大会に回されるのだろう。

 

2019年に参加が確定した東京マラソンへの出走が2023年まで伸びた。実に4年。もはやオリンピック。38歳で出走権を得た男が、走る頃には42歳になる計算。どう調整すれば良いのか、まるで分からない。

 

フルマラソンには参加したことがない。10kmで終わる目黒マラソンには三回出たが、東京マラソンが初めてのフル。42,195kmなんて未知の領域。30代なら何とかいけるが、40代は無理でしょうよ、奥さん。

 

とは全く思わない。毎朝、ストレッチと筋トレとスクワットをしているし、寒くなって走り出したら、楽に10kmくらいは走れる。数年前に「体年齢」というのを計測したら、まさかの「18歳」だった。どうなってるんだ、俺の体。

 

だから大丈夫。ワクチンも二回打ったし、出走の当日までしっかり調整するだけ。本番がまた伸びただけ。と思うのも、これでもう三回目。すっかり慣れてしまった。

blog.kensasano.tokyo