SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

速水御舟と吉田善彦展@山種美術館

速水御舟とその親戚で弟子にあたる吉田善彦の展覧会を見に、山種美術館に行ってきました。

f:id:kensasano:20210921085909j:image

 

速水御舟のことは以前に山種美術館に行った際に見つけたこの本で知り、ずっと気になっていたのですが、なかなか見る機会がありませんでした。

 

そんな折、数日前にふと山種美術館のサイトを見たところ、こんな展覧会をやっているということを知り、家から歩いて行ける距離なので、散歩がてら行ってみることに。

 

祝日ということもあり、私が普段行く平日の午前中よりは人が多かったですが、それでも「大人」の客が多く、静かな雰囲気で良かったです。本に載っていた速水御舟の作品も全て見れて満足しました。

 

重要文化財である「炎舞」や「名樹散椿」はもちろん、特に印象的だったのが「山科秋」「桃花」の二点。

 

前者は色使いが鮮やかでいつまでも見ていられるなという印象で、後者は御舟の娘さんの初節句に合わせて描いたとのこと。優しいタッチと色使い、構成が秀逸だったので、この絵のポストカードを買いました。

 

速水御舟について全く知りませんでしたが、近所の目黒に住んでいたことや、40歳で早逝したという事実も初めて知り、こういう背景を知ることにより、また作品の見方が変わります。絹に彩色した作品は「これぞ日本絵画」といった感じで、とても美しかったです。

 

山種美術館は駅からは少し遠いですが、日本画に関しては国内屈指のコレクションを誇り、いつも良いものを展示しているので、年に数回は必ず行く大好きな美術館です。コロナで苦しいようですが、長く続くことを祈っています。

blog.kensasano.tokyo