SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

コロナ禍でも集客できているお店の特徴

これは最近自分がよく行っているお店を思い出せば分かると思います。近所のスーパーやコンビニやドラッグストアになぜ自分が行くのか。それをリストアップしてみましょう。

 

例えば私の場合でいうと、近所に出来た「まいばすけっと」によく行くようになりました。イオンがやっているミニスーパーで、去年から今年にかけて都内で出店ラッシュが続いています。ここに私が行く理由は以下の通りです。

 

・値段が安い(バナナ99円、豆腐88円、パスタソース二人前で90円、卵6個で100円前後、ピザが199円、ソーセージ450gで299円等)

・セルフ&キャッシュレスのレジがあるので、並ばずすぐに買える

・入口の消毒液が足踏み式なので、他人との間接的な接触を避けれる

・朝8時からやっているので超朝型人間にはありがたい

 

つまり、いつでも安く、すぐに、キャッシュレスで買い物ができるということです。

 

まいばすけっとに行く際はsuicaしか持って行きません。財布は家に置きっぱなしです。これはとても楽です。パッと行ってパッと買える。まさしくコロナ時代の買い物の仕方だなと思います。

 

客のニーズを的確に掴み、それを提供するという「商売の基本」を忠実にやっているだけですが、ここまで出来ているお店は少ないのが現状です。これに対抗できるのはコンビニくらいではないでしょうか。

 

スーパーも今はまだ老人や家族連れを中心に利用者が多いですが、コンビニがもう少し広くなり、値段も安くなれば、そちらで買う人が圧倒的に増えると思います。

 

セブンイレブンの来店客の年齢層は50代以上が中心です。一人暮らしの老人には、スーパーの惣菜は多過ぎるので、レンジでチンして食べれる一人用惣菜が高齢者にウケているのです。

 

このことを、あなたの商売や仕事に置き換えてみましょう。お客様のニーズに合っているか。今の時代に適した売り方が出来ているか。それを少し考えるだけで、他とは圧倒的に差がつけれます。

 

ほとんどの人はまだ気付いていません。事態が収束したら、以前のような社会に戻ると信じています。が、そんなことはありません。人は一度でも便利さを実感すると、ずっと同じものを求めます。

 

旧態依然のやり方や仕組み、システムをガラッと入れ替えるチャンスが来たということです。今のうちに徹底的に見直しておきましょう。そうすればあなたは今後も大丈夫です。

blog.kensasano.tokyo