SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

渋谷の豚汁定食専門店【エッセイ】

時刻は13時前。渋谷の東急本店界隈にいた。ここらで何を食べようかと考え、あそこはどうかなと何軒かピックアップ。それがコロナの影響で閉店していたり臨時休業だったりで困り果てていた。気付いたら道玄坂。そんな際にふと目に入ったのがこちら。

tabelog.com

以前、ネットニュースでこんなお店が出来たというのは知っていたが、ここにあるとは思わなかった。試しに入ってみるかと中を覗くと大盛況。運良くカウンターが一席だけ空いたので滑り込む。

 

店員さんは全員女性。厨房もホールも女性。内装と相まって明るい雰囲気。メニューは豊富だが全てに豚汁がつく。ごちとん豚汁定食にしようと思ったが、ギリギリでアジフライ定食に変更。アジフライにはやはりかなわない。

 

待つこと数分で到着。別添えでソースが。え?アジフライってソースで食べるの?と思わず絶句。ずっと醤油で食べてきたので、軽いカルチャーショック。

 

豚汁って久しぶり。実家にいた頃はたまに母親が作ってくれたが、一人暮らしになってからはご無沙汰。作る気にもならない。こういうところで食べない限り、縁の薄い食べ物かも。そういう意味では、このお店は「アリ」かもかも。

 

「途中で生姜を入れたら味が変わるので試してみてください」と言われたので試してみた。うん、これは良い。味がより濃厚になるというか、はっきりする。

 

生卵がサービスでついてくるが、これを食べるタイミングが難しい。ゆで卵なら豚汁に投入できるが、生卵ではそうもいかない。アジフライにも使えないし、どうしたもんか。結局、最後に卵かけご飯にした。

 

これで締めたので、口の中も脳の中も卵かけご飯の印象が強めに残ってしまい、豚汁の記憶が吹っ飛ぶ。おいおい、台無しじゃないかと思いつつ店を後にした。

 

① おっ!豚汁!

② 結局、卵かけご飯の口に

③ 豚汁を「取り返す」為に再来店

もしや、こういう作戦か?そうだとしたら賢いなと思った。

blog.kensasano.tokyo