SNS・ブログ集客のコツ、方法、書き方の指導歴13年のITビジネスコンサルタント笹野健

初心者向けSNS集客やブログ集客のコツ、方法、書き方を始め、起業の成功術、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛、結婚、離婚相談を得意としているITビジネスコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

記憶力が悪いのではない。思い出す力が弱まっているのだ【エッセイ】

そう開き直ることによって、自分を「慰めている」39歳男子がここに一人。だから、あまり責めないでほしい。

 

もう本当に出てこない。人の名前もモノの名前も地名もあれもこれも。「あ〜」とか「うぅ〜」とかよく言っている。まるでおじいちゃんみたいだ。

 

が、ふと思った。一度は覚えているのだ。人の名前もモノの名前も地名もあれもこれも。脳の「記憶箱」みたいなところに放り込まれ、格納されている。そこから見つけ出すことが出来ない。つまり、思い出すことができない。

 

ということはですよ奥さん。記憶力は悪くない。なんせ、こちとら一度は覚えているのだ。問題なのは思い出す方であり、記憶力ではない。それにも関わらず、全部ひっくるめて「記憶力が悪い」と一括りにするのはいかがなもんか、という話である。

 

以前、もしかすると病気かもれしないと思い「若年性健忘症テスト」なるものをやってみたことがある。項目が30個ほどあり、どのくらい当てはまるかで、深刻度を測るというもの。いざやってみたら、たった2つか3つで全然大丈夫だった。

 

という話を、同じ人に何度もしているらしく、逆に心配された。

 

小林さんを井上さんと覚え間違えることなんてしょっちゅうだし、ホテルの部屋番号もよく間違える。長澤まさみより若い女優の名前はまるで分からない

 

あれ?これはもしや、思い出す力だけでなく、そもそもの記憶する力に問題があるのでは?という問題が出てきた。

 

ということで、昔から私のことをよく知る人間に尋ねてみると、こんな反応が。

・え!?今頃気付いたの?

・そもそも覚える気がないよね?

・同じ話を何度もされたのは私です

 

うん。みんな褒めてる。良いこと言ってる。そんなにも愛してくれてるのか。よしよし。ハグしてあげよう。

 

と、いつもこんな感じで、自分にとって都合の良いように解釈している。記憶力が悪くても、思い出す力が弱まっていても、幸せには生きれる。という、ものすごく強引なオチでした。

blog.kensasano.tokyo