SNS・ブログ集客のコツ、方法、書き方の指導歴13年のITビジネスコンサルタント笹野健

初心者向けSNS集客やブログ集客のコツ、方法、書き方を始め、起業の成功術、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛、結婚、離婚相談を得意としているITビジネスコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

社内で通用する専門用語が社外でも通用する可能性は低い

法人のコンサルをしている時によく思うのが、やたらと専門用語を発する人が多いということです。その会社の中では普通に使われているかもしれませんが、部外者にとっては何のことだか分かりません。

 

そういう人を見るたびに「この人、想像力がないのかな?」とか「配慮の足りない人だな」と思ってしまいます。

 

社歴や業界歴が長くなればなるほど、こういう人が増えます。本人はその言葉に日々触れているので違和感がないのかもしれませんが、こっちは初めて聞くことばかりです。

 

しかも、こっちが知らないことを少しバカにしたような態度を取り「そんなことも知らないの?」とか「説明するの面倒だな」という表情をします。

 

それは相手には100%伝わっていますが、本人は気付いていません。おそらく、方々でそんな対応をしているのでしょう。そうして信頼や人脈を失っていくのです。

 

会社員でも仕事の出来る人ほど専門用語の使用率が低いです。初めての人でも理解できるように噛み砕いて説明してくれたり、分かりやすいように言い換えたり、例を挙げて話してくれます。

 

こういう人は社外の人からも信頼されるので、どんどん出世したり、転職するにしても上手くいきます。社外の人間に対しての配慮や想像力があり、コミニュケーション能力に優れているからです。

 

一方、仕事の出来ない人ほど専門用語の使用率が高くなります。仕事の出来ないことをコンプレックスにしていて、それを専門用語を使うことでごまかしているのかなとも思います。

 

相手の反応を見るために、本当は知っているけど知らないフリをして「それ、どういう意味ですか?」と聞くことがあります。その際の反応で、相手がどんな人か、他人に対しての配慮や想像力を持っているかが測れるからです。ちなみにこの方法は、面白いほどピッタリと当たります。

 

あなたも知らないうちに試されている可能性があります。いつ、誰が試してくるか分からないので、とりあえずこう聞かれたら、丁寧に説明しておくことをお勧めします。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo