SNS・ブログ集客のコツ、方法、書き方の指導歴13年のITビジネスコンサルタント笹野健

初心者向けSNS集客やブログ集客のコツ、方法、書き方を始め、起業の成功術、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛、結婚、離婚相談を得意としているITビジネスコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

知ったかぶりをやめると、人に好かれる

人は、自分の話を聞いてほしくてほしくてたまらない生き物なので、自分の話を聞いてくれる人のことが大好きです。つまり、聞き役に徹すれば、自動的に好かれるということです。

 

これを実行に移すのに最も簡単な方法が、知ったかぶりをやめるということです。本当は知っていることでも、知らないようなフリをして「それは何ですか?」とか「詳しく教えてください」と言ってみましょう。相手は嬉々として教えてくれます。

 

どんな人でも、この時の表情が、一番生き生きとしています。今まさに、人として求められている。必要とされている。他人に話を聞いてもらえているという充実感を味わえるからです。

 

私は人と会う時に、これをよくやります。絶対に知ったかぶりはしません。知っていることでも知らないことでも、興味のあるフリをして質問しまくります。そうすると、相手の話す時間が長くなり、満足度が上がるということを知っているからです。

 

個別コンサルに来る人の職種は多種多様です。国家公務員から現役風俗嬢まで来ます。自分の知らない世界ばかりなので、興味本位であれこれ聞きまくります。

 

こちらがお金をもらっているのですが、相談者は嬉しそうに話します。自分の話を聞いてくれているという状況が、嬉しくてたまらないからです。

 

世の中のありとあらゆる相談業は、この図式で成り立っています。話を聞いてもらう方が、話を聞く側に対して、お金を払っています。別の言い方をすると、お金を払ってでも話を聞いてほしい人が、世の中には多いということです。

 

売れる営業マンは、自分から喋るタイプよりも、じっくりとお客様の話を聞くタイプというのはよく知られていますが、これも同じ理屈です。どんな商談でも、自分が話すより、相手に話させた方が、成約率は上がります。

 

これを人間関係にそのまま応用すれば良いのです。知ったかぶりをせず、興味のあるフリをして、どんどん相手に喋られましょう。それだけで、相手はあなたに「メロメロ」になります。これ、本当の話です。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo