SNS・ブログ集客のコツ、方法、書き方の指導歴13年のITビジネスコンサルタント笹野健

初心者向けSNS集客やブログ集客のコツ、方法、書き方を始め、起業の成功術、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛、結婚、離婚相談を得意としているITビジネスコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

部下に注意したらパワハラ防止の為にスマホで録音されました

「部下に注意したらパワハラ防止の為にスマホで録音されました」と、中間管理職をやっている方から相談されました。

 

それならいっそのこと、総務部の前まで行って、そこで注意すれば良いのです。もしパワハラの疑いがあるのなら、その場で総務部の担当者に注意してもらいましょう。そうすればお互い、言いたいことが言えます。

 

犯罪行為スレスレのことをやっている人に「あなたはそれを交番の前でも出来ますか?」と聞いてやめさせるという方法があるというのを、本で読んだことがありますが、それの応用編だと思ってください。

 

現代ではインターネットで「パワハラ防止法」や「相談する時に必要な証拠の作り方」がすぐに検索できます。パワハラはもちろんいけませんが、相手の方が一枚も二枚も上だということがよくあります。そういう現状を踏まえて、冷静に対処するのが望ましいです。

 

少し注意しただけですぐに不貞腐れたり、パワハラだと叫びたがる人が増えたというのも事実です。が、それはその本人たちのせいではありません。親がそのように育て上げ、しつけた結果がそうなっただけの話で、本人に罪はありません。

 

注意する方にも、そのくらいの想像力や余裕は必要です。頭ごなしに怒ったりしても、相手は理解できないし、不快感が残って余計に腹が立つだけです。言い方にも気をつけましょう。

 

上司の気持ちは部下には分からないし、部下の気持ちは上司には理解出来ません。そういう前提のもと、話を進めるべきです。そうすれば、言い方も変わってくるはずです。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo