SNS・ブログ集客のコツ、方法、書き方の指導歴13年のITビジネスコンサルタント笹野健

初心者向けSNS集客やブログ集客のコツ、方法、書き方を始め、起業の成功術、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛、結婚、離婚相談を得意としているITビジネスコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

私がファストフードに入らない理由はマナーの悪い人が多いから

正直に告白すると、18歳頃までファストフードに入ったことがありませんでした。「本物を体験しておきなさい」が家訓で、エンゲル係数の異常に高い家庭に育ったので、そういうお店には縁が無かったのです。

 

大学生になった時に初めて「吉野家」に入りました。まるで「動物園」みたいだなと思いました。

 

携帯を操作しながら食べている人、漫画を読みながら食べている人、ヘッドホンを付けたまま食べている人、リュックを背負ったまま食べている人、椅子に足を乗せながら食べている人・・・etc

 

今まで遭遇したことのないような「人種」がそこにはいたのです。本当に驚きました。それと同時に、ここは自分のいるべき場所ではないと直感的に思いました。

 

大人になり、どうしてもそこしか食事する場所が無いとか、一緒にいる人が行きたいと言った等の理由で、行く機会が少しずつ増えました。それでもやはり慣れません。相変わらずマナーの悪い人が多く、すごく気になってしまいます。

 

私が普段、外食するお店はランチで1,000円〜2,000円くらいが多いです。この価格帯になると、マナーの悪い人は極端に減ります。快適に過ごすには、そうして「足切り」しないといけないのかもしれません。

 

時間帯も気を付けています。ピークを避ける為に、11時半〜12時の間に行くか、13時以降にしています。その時間帯には一人客が多く、ランチタイムを自由に使える役職が上の人が大半です。そこは、静かに食事することが目的の人たちが集う時間帯なのです。

 

以前、虎ノ門の焼き鳥屋のカウンターでランチをしている時に、大声で電話をし続けているBBA(ババア)を見かけました。落ち着いた一人客がほとんどの中、ものすごく浮いていました。こういうところに、人の育ちやパーソナリティは出るんだなと、身をもって体感しました。

 

ファストフード自体が悪いのではありません。そこにいる人のマナーが悪いのです。そういう人達と同じ空間にはいたくないという話です。

 

最近は長年の企業努力により、ファストフードの食事もとても美味しいとよく聞きます。それを確かめに行きたいのです。が、やはり躊躇してしまう自分がいます。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo