話を聞いてほしい、相談相手がいない女性起業家向け 集客、売上アップの成功例とアイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

読解力のない頭の悪い女に向けて書くと読みやすいブログになる

「笹野さんのブログは、読みやすいですね」とか「簡潔にまとまっているので、どんどん読んでしまいます」とか。「昨日は100記事くらい読んでしまいました」とか、週に5回は言われます。

 

当たり前です。私は、読解力のない、頭の悪い女に向けて、記事を書いているからです。

 

そんな人でも分かるように書いているということは。私のブログを自らの意思で、どんどん読んでしまうくら頭の良いあなたなら。そのブログを読んで、個別コンサルを受けてみたいと思うくらいセンスの良いあなたなら。読みやすいに決まってます。

 

よく言うのが、10歳の子供でも理解できる言葉で書きましょう、というアドバイスです。新聞やニュースの見出しでは、そのレベルでしか書きません。そうしないと、分かりにくいからです。

 

が、しかし。10歳の子供よりも、言語センスが劣っている大人が、ほとんどです。10歳の子供なら、毎日、学校で教科書を読みますが。月に一冊も本を読まない大人が、全体の46%です。

 

「LINEなら毎日やってます」と、反論する人がいますが。LINEのやり取りは、友達同士での「内輪の会話」です。第三者が見ても、何のことやら分かりません。それは、言語とは言いません。

 

大人に向けて、書くのであれば、よっぽど分かりやすく、丁寧に書いてあげないと、ほとんどの人は理解できません。

 

世の中の99%のブログは、LINEレベルで書いています。内輪ノリです。だから、クリックされないし、読まれません。

 

お客様のブログを見てみても、何が言いたいのか、よく分かりません。結局、個別コンサルの時に詳しく聞くことになるのですが、書いてあることと、全く違うことを平気で言ったりします。

 

そういう人に向けて書くと、ものすごく分かりやすくなるのは、当然のことです。そうするとスムーズに書けるようになり、集客に結び付きやすくなりますよ。

→【2022年最新版】ブログ集客のコツ、方法、書き方

→個別コンサルの料金と詳細