話を聞いてほしい、相談相手がいない女性起業家向け 集客、売上アップの成功例とアイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

本の読み方のコツは目次を二回読むこと

「笹野さんは膨大な量の本を読まれていますが、読み方のコツを教えてください」と、20代の美人な方に個別コンサルで質問されました。

 

私の書評ブログを楽しみにしてくれているみたいで、ここから何冊も本を買っているとのこと。そう言ってもらえると、こちらも嬉しいです。


コツは本を開いたら、まずは目次を読むことです。目次というのは「概要」です。そこに先に目を通しておくと、全体の構成が分かります。それを踏まえた上で本文を読み進めると頭に入りやすいです。

 

それと読んでいる途中に「今どのあたりか」が分かるので、ペース配分がしやすいです。「この項目は確かこの章の最後だったから、もうまとめに入るな」ということが分かります。そうすれば時間を有効に使えます。

 

で、最後まで読み終えたら、もう一度、目次を読みましょう。これで「復習」が出来ます。人の記憶力なんて大したことありません。さっき読んだはずなのに、もう忘れていることなんてしょっちゅうです。ここでしっかりと「二度見」しておきましょう。

 

このやり方は、勉強法としても使えます。まずは目次に目を通し、全体像を把握しておいてから本文の内容に進めば、理解しやすいと思います。

 

目次の部分だけ拡大コピーして、そこに本文のポイントを書き込んでいく「目次勉強法」は効果が高いことで有名です。

 

これはビジネス書や実用書、新書に限った話です。小説やノンフィクション本は、どうぞ好きなように自由に読んでください。私もそうしています。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細