ブログ・アメブロ集客の方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

1日1分読むだけで、あなたもブログから集客できるようになります。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

お金持ちはケチで貧乏人ほど気前良くお金を払う

言い方を変えると「お金を払う前に慎重に検討するかしないか」の違いです。

 

お金持ちは十分に時間をかけて検討するので「やはりやめておくか」ということになりやすく、無駄な買い物を避けれて、結果的にお金が残ります。

 

貧乏人は深く考えたり、調べたりしません。条件反射のように興奮してすぐに財布を開きます。そんなことを日常的にやっているから、結果的にお金が残らないのです。

 

同じ賃金でも、残るお金には大きな差がつきます。1年で軽く数十万円は変わってきます。10年経つと数百万円の差です。一生で考えると、数億円の差がつきます。高齢者ほど貧富の差が激しいのはこのせいです。

 

日本では「ケチ=ダメな人間」のような風潮がありますが、これを気にしなくなれば、お金は自然と貯まっていきます。見栄を張るのをやめて、慎重に検討する癖をつけ、心の底から欲しいものだけ買うようにすれば、無駄使いは激減します。

 

お金持ちはケチだからお金持ちになれたのです。収入が大して増えていないのに、気前良くどんどん払っていたら、お金が減っていくのは当然です。小学生でも出来る算数が、理解出来ていない大人があまりにも多いのです。

 

人に何と言われようと、決して気にしないことです。その人があなたの老後の面倒を見てくれる訳ではありません。お金の都合なんて絶対にしてくれません。

 

堂々と「いらないものはいらない」と主張して、好きなようにお金を貯めましょう。それで好きなことに存分にお金を使いましょう。継続的なお金持ちは、全員このパターンです。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo