ブログ・アメブロ集客の方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

1日1分読むだけで、あなたもブログから集客できるようになります。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

オンライン家庭教師のおすすめのやり方、始め方

「オンライン家庭教師で起業したいので、おすすめのやり方や始め方を教えてくださ氏」と、愛知県在住の方にオンラインコンサルで相談されました。

 

コロナを機にオンラインでサービスを提供しようとする人は増えました。家庭教師もそのうちの一つです。ライバルが多い業種なので「戦略」が大事です。

 

塾や家庭教師というのは、親がお金を払います。探すのは子供でも、お金を出すのは親です。ということは、いくら子供がここが良いと言っても、親が納得しない限り、仕事は成約しません。そのことをまずは覚えておきましょう。

 

親にが重視することは何か?ということです。思いつく限り、リストアップしてみましょう。

・先生の学歴や実績

・過去の生徒の進路先

・どのくらい点数が上がるのか

・指導方法や態度

・具体的な料金や内容

 

こういうことを気にする親が多いので「先回り」して、それら全てを説明文に書いておきましょう。聞かれそうなことは、先に書いておく。これがネットで売る鉄則です。

 

愛知県の家庭教師であれば、名古屋大学出身の先生は信用されやすいです。親からしても、身近に知っている大学の中で、最も高学歴だからです。そこの出身なら間違いないと思う親は多いでしょう。世の中、そんなもんです。

 

次に、この先生にお願いしたら、自分の子供はどうなるのか?が大事です。過去に指導した生徒の国語の成績が50点→92点にアップしたとか、合格判定がC→Aになったとか、そういう実績があるのであれば、遠慮せずにどんどん書きましょう。

 

指導している姿があれば、より良いと思います。こんな風にやるんだなとか、こんな先生なんだなと分かった方が、人は安心しやすいからです。写真や動画を数枚貼っておくことをおすすめします。

 

そこまでやってようやく「スタートライン」だと思ってください。オンラインで売りたいと言いながら、これすらやってない人が大半です。売れないのは当然です。

 

まずは一人、生徒を捕まえましょう。その生徒に対して「全精力」をかけて、絶対に成績をアップさせて志望校に合格させるのです。それが達成出来たら、その「過程」をサイトやブログに書きましょう。それを見た親や生徒が、またやってきます。ネットで売るというのは、基本的にこれの繰り返しです。

 

【まとめ】

・子供よりもお金を払う親を安心させること

・その為の材料を集め、全て公開すること

・そこまでやってようやくスタートライン

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo