ブログ集客おすすめの方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

ブログ集客におすすめの方法とコツを女性専門に教えているコンサルタントの笹野健です。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

とんかつ衣サクサク選手権優勝の築地かつ平【エッセイ】

そんな選手権は存在しないし、個人的に勝手に決めただけだが、文句なくここが優勝だと思うのが、築地にあるかつ平(へい)だ。

 

確か、Yahoo!の記事で読んだのがきっかけで知ったと思う。あの食通で知られる池波正太郎も足繁く通ったとされる名店で、これは行かねばと思っていた。そんな折にチャンス到来。無性にとんかつ気分になった平日の午前中。気付いたらもう向かっていた。

 

晴海通りの築地六丁目交差点の次の筋を左に。住宅街の中にポツンとある。ガラッと開けると意外と空いてる。ラッキー。カウンターの一番手前に座らせてもらえた。ロースかヒレかで迷ったが、初回なのでロースで。

 

目の前に「築地落語会」のチラシが置いてあるので、落語好きとしては見逃せない。何気なく手に取る。それを瞬時に察知したご主人が落語会について説明してくれる。

 

「へぇ〜そうなんですか!私も落語好きでねぇ。実は今も地下鉄の中で立川談春さんの赤めだかを読んでたところなんですよ。この回も是非行ってみますね」とは言えるはずもなく。超絶な人見知りなので、ただただ「あぁ・・・」と曖昧に返事して終わった。ごめんよ、ご主人。

 

揚げ場が目の前なので、その「音」がダイレクトに聞こえる。パチパチという音色が素晴らしい。携帯の着信音か目覚ましのアラームにしたいくらいだ。どっちも使ってないけど。

 

そんなこんなでロースカツ到着。見た目が既にサクサク。まずはそのまま食べてみる。はい、美味しい。次は塩で、その次はソースで食べてみる。全部合う。とんかつのハットトリック完成。

 

この食感は文字では表現できない。文章力の無さが歯がゆい。是非、ご自身でご体感頂きたい。そんな食感。

 

12時が近付き、店内はどんどん混み始める。一人客はさっさと出るに限る。明るい挨拶に見送られ外へ。既にもう何人か並んでいた。良い昼メシだった。

→エッセイ・コラムの一覧

→個別コンサルの料金と詳細