女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

起業のどのタイミングで相談するのがベストですか?

「起業のどのタイミングで相談するのがベストですか?」と、よく聞かれます。早ければ早いほど良いです。

 

と、言うのも。何も分からない状態で、いきなり始めてしまい、貴重な時間とお金を失う人が、とても多いからです。

 

プロが客観的に判断すれば、絶対に薦めないだろうなということを、一生懸命やっている人が大半です。

 

それを取っても、一向に稼げそうにない資格に、60万円も払っていたり。どう考えても売れない商品に、やたら固執していたり。売り方も集客方法も教えてくれない起業塾に半年間も通っていたり。そういう人が、本当に多いのです。

 

会社を辞めようと思っている人が、先日、相談に来ました。仕事がつまらない。上司とソリが合わない、給料も安いし通勤が大変。だから、起業したい。えっ?なんで?と、こちらとしては思うのですが。そういう思考回路の人が増えてます。

 

仕事がつまらないのは、やっている仕事自体が、その人に合ってないのかもしれません。それは、転職すれば解決できます。上司とソリが合わないのは、その人自身に問題があるのかもしれません。

 

周りの人に、一度、客観的に意見を言ってもらうとか。上司との間に、誤解があるかもしれないので、腹を割って話し合ってみるとか。そういうことで、解決できます。

 

給料が安いなら、給料の高い会社を探せば良いのです。通勤が大変なら、会社の近くに引っ越すか、家の近くで働けるところを探せば良いのです。

 

要するに、解決できる方法は山のようにあるのに、それをせずに「会社を辞めたい=起業する」が、セットになっている。だから、失敗するのです。

 

そういう人は、物事をじっくり考えずに短絡的なのと、周りに影響されやすいので、詐欺に遭いやすいです。そういう人を「カモ」にしている個人や企業が、世の中にはごまんとあります。だから、起業する前に、相談に来るのがベストだと。そう言っているのです。

 

私は、起業に向いてないと思ったら、はっきりそう言います。それが、その人の為だと思うので。これ以上、騙される人を増やしたくありません。一度きりの人生です。時間もお金も、無駄にするのはもったいないです。そうしない為にも、悩んでいる人には、早めに相談に来てほしいです。

 

【まとめ】

・起業の相談は早ければ早い方がいい

・その方が時間もお金も無駄にせずに済む

・起業以外の選択肢もあることを知ろう

・起業が向いてない人には向いてないといってあげるのが誠意

→起業準備中・起業初心者向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細