ブログ集客おすすめの方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

ブログ集客におすすめの方法とコツを女性専門に教えているコンサルタントの笹野健です。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

嫌われるおばさんの特徴は被害妄想が激しくて嫉妬深いこと

「お局様や、社内の年上の女性社員と、ソリが合わない」という相談が、20代や30代の人から増えています。

 

じっくり話を聞いてみると、そういうおばさんには、共通点があることに気付きます。被害妄想が激しいことと、嫉妬深いことです。

 

どうせ私はブスだから。どうせ私はおばさんだから、どうせ私は仕事が出来ないから、誰もそんなこと言っていないのに、勝手にそう思い込み、一人で勝手にイライラしています。

 

そのイライラをどこにぶつけるかというと、自分よりも若くてキレイな人です。常に、何か言ってやろうと、探し回っています。見つけたら、これ幸いとばかりに、ああだこうだと注意します。

 

こういうことを繰り返していると、確実に性格が悪くなります。性格が悪くなると、表情に「モロ」に出ます。醜い表情の人からは、どんどん人が離れていきます。そうすると孤立するので、更に卑屈になって、被害妄想も嫉妬も激しくなる。というような「負のループ」に陥るのです。

 

ここで大事なことを言います。

 

今は20代、30代でも、気を付けないと、自分もそうなる可能性があるということです。いや、むしろ、放っておくと、その可能性はかなり高いです。「人の振り見て我が振り直せ」ではありませんが。反面教師として、徹底的に観察し尽くしましょう。

 

こういうことを言うと、人に嫌われるんだな。こんな表情の人からは、人が離れていくんだな。このように「研究対象」として、そのおばさんを見るべきです。そうすることにより、あなたも同じようなおばさんになる確率を、グッと下げることが出来ます。

 

【まとめ】

・被害妄想が激しくて嫉妬深いと、ますます嫌われる

・性格も確実に悪くなる

・年齢に関わらず、こうなる可能性は誰にでもある

・嫌われるおばさんを「反面教師」にすること

→女の生態観察と男の本音の恋愛観

→個別コンサルの料金と詳細