フリーランスや起業家・個人店が集客を増やし売り上げアップする方法とアイデア【2022年最新版】

14年間で4,000名以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。ブログ集客や弱者でも勝てるお金を使わない戦略作りが得意です。

ブランディングで全部うまくいく、訳がない

以前、恵比寿のアトレにある本屋さんに立ち寄ったら、こんな本が売られていました。

パラパラとめくってみたのですが、これを読んでまた「痛い目に合う人」が増えるんだろうなと思いました。

 

セルフブランディングというのは、何年かに一度くらいのペースで必ず流行ります。なんとなく横文字で格好良い感じがして、頑張ってる感が手軽に得れるので、そういうのが好きな人にウケが良いからです。成功しない夢見る起業女子によく見られるパターンです。

 

セルフブランディングに力を入れて、実際に売れた人を、未だかつて一人も見たことがありません。売れた人というのは、本人や売っている商品やサービスに、何かしらの「売れる要素」があります。それがある人がブランディングに力を入れるなら分かります。

 

ほとんどの人には、その売れる要素がありません。それが無い状態でブランディングだけ頑張っても、売れるようにはなりません。というシンプルな理屈です。

 

私は基本的にブランディングがどうとか言う人を信用しません。そんなことよりも、売れる要素を作ってあげた方が、圧倒的に売れるということを、身をもって体験しているからです。現実にこんな人もいます。

→セルフブランディングをやめたら生徒数が2倍になったダイエットスタジオ講師

 

セルフブランディングに力を入れたいという気持ちは分かります。分かりますが「順番が逆ですよ」と声を大にして言いたいです。

 

まずは商品やサービスに売れる要素があるか無いかを判断しましょう。それをやった上で、売れる要素があるならそれを伸ばせば良いし、無ければ作り出せば良いのです。

 

大丈夫。その「過程」で勝手に他との差別化が出来ます。それが結果的にブランディングになるのです。つまり、いきなりブランディングに力を入れるより、先に売れる要素を作り出してしまえば、両方が手に入る。そういうことです。その結果がこれです。

 

もう一度言います。ブランディングで全部うまくいく、訳がないのです。

 

【まとめ】

・ブランディングだけで売れるようになる人はいない

・商品やサービスの「売れる要素」大事

・そこに力を入れる過程で自然とブランディングされる

・だから売れる要素を先に作ると両方が手に入る

→女性起業家向け集客、アイデア、成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細