ブログ集客おすすめの方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

ブログ集客におすすめの方法とコツを女性専門に教えているコンサルタントの笹野健です。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

読んだ本の記録とリスト(2022年1月24日〜2022年1月30日)

 

三十代の初体験

三十代の初体験

Amazon

テレ東のバス乗り継ぎ旅に出ているイメージがすっかり定着した感のある作家の羽田圭介さんが、三十代で未体験のものに挑戦する連載をまとめた本。トランポリンエクササイズ、卓球教室、猫レンタル、人間ドック、ボルダリングと次々と挑戦していく様子が面白い。引っ込み思案で好奇心の乏しい人にはお勧めの一冊。

 

「没後10年永久保存版」と、サブタイトルそのままの一冊。談志が書いた膨大な本を丁寧に解説した部分と、桂米朝さんとの対談が特に良かった。談志ファンはもちろん、落語好きなら目を通しておくべき。

 

私と同じ1982年生まれの著者が書いたエッセイ集。共感できる部分もあれば、全く理解できない箇所も多数。仮にクラスが同じでも、たぶん仲良くはならなかっただろうし、今から友達にもなれそうにないなと思う。普段から年齢をまるで意識していないので、自分のことを繰り返し「おじさん」と書いているのを見ると、世間の同年代ってこんな感じなのかと驚く。

 

東海林さだおさんの過去の本から、主に冒頭部分だけを抜き出し、それを五十音順に並べた一冊。例えば、ア行の「鯵のフライ:鯵のフライの偉いところは、B級に徹していることだ」カ行の「牡蠣:貝類にとって、殻は家である。そういう意味から言えば、牡蠣の家は、身分不相応なほどの豪邸である」等の文字の羅列が400ページに渡りびっしり。常に手元に置いておき、隙間時間に少しずつ読んでいくという戦略がおすすめかと。

 

ローンを組んで新築を買うという、昭和平成の不動産の購入方法に警鐘を鳴らし、令和のマンションや戸建の買い方を指南する一冊。こういう本を家を借りたり買う前に読んでおくと、膨大な支払いやリスクを避けれる。個人的には、次は「戸建ての賃貸」にしようと思う。

 

500冊以上の著書がある齋藤孝さんの「良いとこ取り」な一冊。確かにここに書いてあることを実践すれば頭は良くなるし、過去の著作も読んでみたくなる。そういう意味では作戦勝ちかも。この本が売れれば、同じような本が色んな作家で出される予感。

 

→読んだ本の記録とリスト一覧

→個別コンサルの料金と詳細