ブログ・アメブロ集客の方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

1日1分読むだけで、あなたもブログから集客できるようになります。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

料理上手より床上手の方がはるかに貴重

料理上手な女性と床上手な女性では、どちらが良いかというアンケートがあり、6割くらいの男性が料理上手をあげていました。が、私は断然、床上手派です。ちょっと説明します。説明が必要だと思うので。

 

まず、私は料理が得意で、ほとんどのものは自分で作れるので、別にやってもらわなくても大丈夫です。フライパン一つで、煮魚も蒸し鶏も、フレンチトーストも作れます。だから、料理が出来るかどうかは重要ではありません。下手なものを作られるくらいなら、自分で作ります。

 

それと料理ならいくらでも美味しいお店があるので、食べに行けば済む話です。東京の都心部は飲食店だらけで、庶民的なお店からミシュラン獲得店まで豊富に揃っています。

 

スーパーやデパ地下で買うのも良し、最近ではコンビニのお惣菜もかなり充実しているので、それこそ歩いてすぐのところで、結構なクオリティの料理が手に入ります。

 

そんな現代において、料理教師に通い、料理上手になったところで、たかだがしれているのです。「花嫁修行=料理」と短絡的に考えていると、いつまでもモテない女で終わってしまいます。

 

逆に、床上手は、そもそもの「絶対数」が少ないです。体の相性が良くて、テクニックも凄いという女性は「超希少」です。そんな女を手放す訳がありません。どんな手を使っても、必死に会いに行きます。男とはそういう生き物です。

 

それとセックスを外でしようと思うと、食費とは比べものにならないくらいにお金がかかります。格安のフーゾクでも数千円。超高級ソープに行くと、2時間で8万円です。それだけあれば、たらふく食べれます。

 

といようなことを総合的に考えて、床上手の方が、はるかに貴重じゃないかなと。それが私なりの見解です。異論反論は一切受け付けません。それはもう、ご自身のブログやSNSで勝手にやってください。

→女の生態観察と男の本音の恋愛観

→個別コンサルの料金と詳細