女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

リピート率も上がり、レッスンも満席となりました

千葉県柏市でワインスクールをやっているお客様から、個別コンサルの感想が届きました。

 

「前回いただいたアドバイスを実践していったところ、新規申し込みが格段に増えました。ブログ更新やレッスンでのテキスト廃止など労力を減らしたことで、スキルを磨く時間を作れるようになり、その結果、生徒さんの満足度も上がったように体感しています。

 

お陰さまでリピート率も上がり、レッスンも満席となりました。笹野さんにコンサルをお願いしたことで、変わる覚悟が決まったことも大きかったと思います。」

 

料理教室やワイン教室をやってる方からの相談が、ここ数年はすごく増えました。共通の悩みとして、やはり「集客」に苦労しているということです。

 ・どうやって生徒を増やせばいいか

 ・どうやって教室を運営していけばいいか

 相談内容は、この二点に集約される気がします。

 

 地域によっても違うし、教えている内容や、来てほしい生徒の年齢や職種、自由に使えるお金によっても、やり方は違ってきます。都心と郊外。素人相手とプロ相手。若い人向けとシニア向け。庶民的と富裕層向け。同じワイン教室でも、それぞれ違ってきます。 

 

そういうところを、一つ一つじっくり聞いていって、最適な方法を提示する。それが私の仕事ですが、やるのは、その教室の運営者です。この方は、聞いたことを素直にそのままやったから、見事に成果が出ました。

 

ワイン教室は、知識さえあればすぐに始めれるので、参入障壁が低いです。その為、競合がすごく多いです。その中で、どう戦っていくか。そこを考えてやるのと、何も考えずにやるのとで、結果は大きく違ってきます。

 

付け加えて言うと。素人が考えるのと、プロが考えるのと、そこでも、結果は大きく違ってきます。同じように、料理教室やワイン教室をやっていて、集客や運営に悩んでいる人は、どうぞお気軽にご相談ください。コロナ禍での集客方法を一緒に考えましょう。

→個別コンサルの料金と詳細