ブログ・アメブロ集客の方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

1日1分読むだけで、あなたもブログから集客できるようになります。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

お金を気前よく使うのとケチなのはどちらがお金持ちになれるのか?

お金を気前よく使うのとケチなのはどちらがお金持ちになれるのか?考えたことのある人は多いと思いますが。

 

答えとしては、お金がどんどん入ってくる人は気前よく使えばいいし、お金があまり入ってこない人はケチになったほうがお金持ちになれます。

 

同じ人でも、長い人生の中で「流れ」が変わることもあります。お金が入ってくる時期もあれば、お金が入ってこない時期もあります。その時々で冷静かつ適切に対応できるかどうか。そこがお金持ちになれるかどうかの境目です。

 

今はお金持ちでも、昔は貧しかった人も多いです。現在は高いものをどんどん買っていても、以前は徹底的に節約して、ケチに徹していました。その結果としてお金が貯まったのです。

 

逆の言い方をすると、今はケチでも将来はお金持ちになる人もいるということです。目標の金額があって、そこに到達するまではケチに徹するというのも、立派なお金の貯め方の一つです。

 

自己啓発本や書き手のよく分からないネットの記事には「お金は天下の周りものなので、使わないと入ってこない」と書いてあることが多いです。

 

なけなしのお金を「自分には気前よく払ってほしい」という魂胆がある人は、こういう文章をよく書きます。

 

冷静に考えてみましょう。収入の少ない人やお金があまり入ってこない人が気前よく使うと、手元のお金は無くなるだけです。それがまた自分の元に回ってくるという保証はありません。むしろ入ってこない可能性の方が大きいです。

 

簡単な「算数」が出来れば、この問題の回答は導き出せるのですが、それが出来ない人が世の中には圧倒的に多いのです。

 

それにも関わらず、本に書いてあったからという理由だけで、無駄使いしてしまう人が大半です。こういう人は永遠にお金持ちにはなれません。

 

まずは入ってくるお金を増やす。それまではケチに徹する。入ってくるお金が少し増えてきたら、それに伴って使う額を少しだけ増やす。それを延々と繰り返すと、気付いたらお金は自然と貯まっています。

 

入ってこないのに気前よく使うから、いつまでも貯まらないし、お金持ちにもなれないのです。小学生でも分かる理屈ですが、これが理解できている大人は、日本人の10人中1人くらいです。

→お金の増やし方と使い方、お金持ちになる方法

→個別コンサルの料金と詳細