ブログ集客おすすめの方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

ブログ集客におすすめの方法とコツを女性専門に教えているコンサルタントの笹野健です。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

具体的な文章は短く、抽象的な文章は長く感じる

同じ文字数でも、具体的な文章は短く、抽象的な文章は長く感じます。

 

【執筆者:笹野健

(女性専門のブログ集客コンサルタント。2009年に起業して以来、13年間で3,900名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。詳しいプロフィールはこちら。)

 

具体的な文章というのは、実例や実体験、地名、固有名詞、数字、データが出てくる文章のことです。

 

これらが入っていれば、読んでいる方は頭にイメージが描きやすくなり、テンポ良く読むことが可能です。脳も疲れません。

 

私のエッセイやコラムは平均で2,000文字くらいありますが、そんなに長く感じないと思います。全て「実体験」を書いているからです。

 

地名や固有名詞も堂々と出しているので、そこに行ったことのある人や知っている人には、イメージしやすいと思います。

 

読まれないブログを書いている人の文章は、常に抽象的です。実例や実体験、地名や固有名詞、数字、データが出てこないので、読んでいる方としては頭にイメージが描きにくいのです。そうすると脳が疲れてくるので、長く感じます。

 

私のブログ記事の99%は「結論と具体例だけ」で構成されています。お客様に聞かれたことを、そのまま記事にしているので、実例のオンパレードです。

 

一記事あたりの文字数も多くありません。そうすることにより、次から次へと読み進めることが出来ます。これを狙っているのです。

 

たまたま検索した結果、このブログに辿り着き、あれこれと読んでしまい。気付いたらどんどん深みにハマってしまい。最終的には個別コンサルに申し込んでいた。こういう人が、全体の「8割以上」です。

 

私は読書が大好きなので、長い文章も難しい文章も難なく読めますが。このブログを読んでくれている女性の多くは、そうではありません。

 

長い文章を読む体力も集中力もありません。一つでも分からない単語が出てくると、その時点で読むのをやめます。

 

そういう人を相手に書いているのです。いかに簡潔で分かりやすく、簡単な言葉だけで書くか。そればかり考えて13年間ブログを書き続けてきました。その結果として、今ここにいます。

 

【まとめ】

・具体的な文章は短く、抽象的な文章は長く感じる

・具体的とは、実例や実体験、地名、固有名詞、数字、データが出てくる文章のこと

・抽象的な文章はイメージしにくく、脳が疲れる

・結論と具体例だけで書く練習をしよう

→【2022年最新版】ブログ集客のコツ、方法、書き方

→個別コンサルの料金と詳細